清原果耶がヒロイン、朝ドラ「おかえりモネ」宮城ロケ写真到着

連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」より、10月末~11月中旬にかけて行われた気仙沼市でのロケの模様を撮影した写真が到着した。

最新ニュース スクープ
連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」オフショット
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」オフショット
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」オフショット
  • 連続テレビ小説「おかえりモネ」オフショット
2021年度前期連続テレビ小説第104作「おかえりモネ」より、10月末~11月中旬にかけて行われた気仙沼市でのロケの模様を撮影した写真が到着した。

清原果耶がヒロインを務める本作は、宮城県・気仙沼に生まれ育ち、登米で青春を送るヒロイン・永浦百音が、“気象予報”という仕事を通じて人々に幸せな未来を届けていく希望の物語。

連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真早朝の砂浜で、海を見つめる百音
百音は、気仙沼湾沖の自然豊かな島で高校生活を送り、卒業後は登米市に移り住む。また、時には気仙沼に帰郷し、家族や幼なじみたちとの時間を過ごすのだ。

連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真島の海岸から家に帰る道すがら何かを思いつく百音
秋に行われた気仙沼ロケでは、そんな百音と家族が久しぶりに再会するシーンや、中学生時代の百音と同級生たちが地元のお祭りで吹奏楽部の演奏を披露するシーンなどを撮影。地元のエキストラが定期船の乗客や演奏会の観客役として参加しつつ、和やかな雰囲気の中行われていたという。

連続テレビ小説「おかえりモネ」オフショットお盆休みに島へ帰るシーン お土産をたくさん抱えた百音
気仙沼ロケをふり返り、清原さんは「登米市は、『森の町』という印象でしたが、気仙沼はやはり『海の町』という印象、同じ宮城県でも空気の匂いなど全然違いました」と印象を明かし、「現地では、地元の方々から『頑張ってください』とたくさんお声をかけていただいて、励みになりましたし、とてもうれしかったです」とコメントしている。

連続テレビ小説「おかえりモネ」場面写真お土産を抱えて気仙沼から登米への帰路につく百音
なお、9月28日、登米市でクランクインした本作は、順調に撮影を継続し、11月下旬からは渋谷の放送センタースタジオでの収録が始まっている。

連続テレビ小説「おかえりモネ」オフショット
連続テレビ小説「おかえりモネ」は2021年春、NHKにて放送予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top