見習い妖精が魔法をかける!『フェアリー・ゴッドマザー』日本版予告

ディズニープラスオリジナルのクリスマス・ファンタジー映画『フェアリー・ゴッドマザー』から日本版予告映像が解禁。

映画 洋画ニュース
『フェアリー・ゴッドマザー』(C)2020 Disney
  • 『フェアリー・ゴッドマザー』(C)2020 Disney
  • 『フェアリー・ゴッドマザー』キーアート(C)2020 Disney
  • 『フェアリー・ゴッドマザー』アイラ・フィッシャー(C)2020 Disney
  • 『フェアリー・ゴッドマザー』ジリアン・ベル(C)2020 Disney
『シンデレラ』のディズニーが新たに贈る「Disney+(ディズニープラス)」オリジナルのクリスマス・ファンタジー映画 『フェアリー・ゴッドマザー』 が、12月11日(金)より配信。この度、見習い妖精エレノアが最高の“ハッピーエンド”を届けるため、大奮闘する日本版予告映像が解禁された。

>>『フェアリー・ゴッドマザー』あらすじ&キャストはこちらから

日本初解禁となる予告編では、ピンクのキュートなドレスに身を包み、現代のアメリカ、ボストンに降り立ったエレノアが大奮闘する姿がコミカルに描かれている。

陽気で優しく、まだ見習い中のため、ちょっぴりおっちょこちょいなエレノア(ジリアン・ベル)とは対照的に、「人生は単純に“ずっと幸せ”とはかぎらない」と放ち、忙しい毎日の中で希望を見失っているマッケンジー(アイラ・フィッシャー)の姿が。そんな2人が少しずつ心を通わせていく様子は見逃せない。


監督は、『ブリジット・ジョーンズの日記』を手掛け、等身大の悩める女性を描いてきたシャロン・マグアイア。現代社会に降り立った妖精と希望を忘れかけた大人の女性、そしてその家族のハートフル・コメディ。ディズニー映画ならではの、華やかに描かれる魔法のシーンも見逃せない。

『フェアリー・ゴッドマザー』はディズニープラスにて12月11日(金)より独占配信。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top