山崎賢人&土屋太鳳、高い判断力と運動神経の名コンビ誕生「今際の国のアリス」本編映像

山崎賢人、土屋太鳳がW主演のNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」から、土屋さん演じるウサギの驚異的な身体能力が明らかになる本編シーンが公開。

最新ニュース スクープ
Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • 「今際の国のアリス」(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • 「今際の国のアリス」(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」村上虹郎 (C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • 「今際の国のアリス」(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • 「今際の国のアリス」(C) 麻生羽呂・小学館/ROBOT
  • Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
山崎賢人、土屋太鳳がW主演、『キングダム』『アイアムアヒーロー』『GANTZ』などの佐藤信介監督が手掛けるNetflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」が本日12月10日(木)より配信開始。今回は、土屋さん演じるウサギの驚異的な身体能力が明らかになる本編シーンが公開された。

人生に夢や生き甲斐を見出せず曖昧に生きてきたアリスと、どんな苦境でも「生きる意味」を探し続けるウサギが、突然放り込まれた謎の世界“今際の国”で共に信頼を築き、“生き延びる”ために理不尽な現実に挑む姿を壮大なスケールで描く本シリーズ。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
今回解禁となったのは、山崎さん演じる主人公・アリスと驚異的な運動神経を持つクライマー・ウサギが出会った“げぇむ”の1シーン。アリスとウサギが初めて協力して危機を乗り越えるシーンだ。


マンション内で、馬のマスクを被った“おに”から逃げながら、制限時間内にどこかに隠された「じんち」をタッチしなければならない「おにごっこ」。持ち前の観察力と洞察力で、とある攻略法を見つけ出したアリス。その方法を聞いたウサギは即座に対応し、全参加者に忠告していくが、不運にも“おに”に出くわしてしまう。

そんな絶体絶命の状況の中、ウサギはマンションの腰壁を乗り越え、パイプをつたって上の階に移動するという見事なクライミングを魅せる! 遠くからこの場面を見ていた村上虹郎演じるチシヤも「クライマー、やるね」と感嘆の声を漏らすほど。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」村上虹郎 (C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
実際の撮影では、本シーンのようなクライミングや全力疾走など、体力勝負なシーンが多かったこともあり、土屋さんは「もし自分が“げぇむ”に参加するとなったら、肉体勝負のスペードの“げぇむ”でなら生き残る自信があります」と語っており、漫画でしか表現できないようなアクションシーンは彼女だからこそ演じることができたと言える。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」(C)麻生羽呂・小学館/ROBOT
知性派のアリスと体力系のウサギ。初対面の2人が見事な連携を見せる、まさに運命的なシーンは必見となっている。

Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」は世界同時配信中。

※山崎賢人の「崎」は、正しくは「たつさき」
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top