福山雅治×神木隆之介、YouTubeでスペシャルコラボ!こだわりレコーディングで神木ver.ソング完成

福山雅治のデビュー30周年、神木隆之介のデビュー25周年を記念し、2人のスペシャルコラボムービーがそれぞれのOfficial YouTubeチャンネルにて公開

最新ニュース スクープ
福山雅治×神木隆之介のスペシャルコラボムービー
  • 福山雅治×神木隆之介のスペシャルコラボムービー
  • 福山雅治×神木隆之介のスペシャルコラボムービー
  • 福山雅治×神木隆之介のスペシャルコラボムービー
福山雅治のデビュー30周年、神木隆之介のデビュー25周年を記念し、2人のスペシャルコラボムービーがそれぞれのOfficial YouTubeチャンネルにて12月10日(木)20時より公開された。スペシャルコラボムービーの前編は福山さんの、後編は神木さんのOfficial YouTubeチャンネルにて公開されている。

スペシャルコラボ前編は“イヤフォンでの視聴を推奨!


福山さんの楽曲「今夜、君を抱いて」を、世界でただ一つだけの神木隆之介バージョンのサウンドに作りあげる!?福山さんのデビュー30周年記念アルバム「AKIRA」のリリースを記念して、これまで明かしてこなかった、知られざる“サウンドレコーディングへのこだわり”を徹底解剖していく、“極めてマニアックで音楽的”な映像企画。


ニューアルバム「AKIRA」の制作現場にもなった福山のプライベートスタジオに招かれた神木さん。お互い2020年にアニバーサリーイヤーを迎え、1月に公開された岩井俊二監督作品『ラストレター』での二人一役も記憶に新しい。

そんな2人のもうひとつの共通点、それは“音へのこだわり”。福山さんは12月8日(火)にリリースされたばかりのデビュー30周年記念アルバム「AKIRA」のレコーディングの際、コロナ禍での楽曲制作環境を整えるために、自身のプライベートスタジオを造り、以前から所持していた1970年代のヴィンテージマイクプリアンプ「OLD NEVE1073」(オールドニーヴ)に加え、最新のマイクプリアンプ「PUEBLO AUDIO」(プエブロオーディオ)やヴィンテージコンプレッサー「Urei1176」(ウーレイ)などこだわりのレコーディング機材を導入し、創作活動に没頭。

神木さんもまた、自身のYouTubeチャンネルで“音フェチ”企画を開催するほか、音楽を楽しむ際には数年前に福山さんからプレゼントされた、耳型にフィットするように作られた「イヤーモニター」を愛用しているという。

福山雅治×神木隆之介のスペシャルコラボムービー
そこで今回、2人が挑戦するのは、神木さんのフェイバリット福山ソングである「今夜、君を抱いて」(2009年発表のアルバム「残響」収録)を、福山さんがその場でギター・ボーカルをレコーディング。レコーディング手法の解説を交えながら、世界でただ一つだけの神木隆之介バージョンのサウンドを作り上げていくという試み。

「アコースティックギターと、クラシックギターの音の違い」など初心者でもわかりやすいものからイヤフォンでの視聴が必須な音の細部まで、これまで明かされてこなかったシンガー・ソングライター・福山雅治のレコーディングへのこだわりにたっぷり触れることができる30分となっている。

スペシャルコラボ後編「今夜、君を抱いて」神木隆之介ver.をフル尺公開!


コラボムービー後編は、前編に神木さんのためにレコーディングした、世界でたったひとつの「今夜、君を抱いて」弾き語り音源を全編公開! 特別すぎるアニバーサリーイヤーのプレゼントを福山から受け取った神木のリアクションには注目だ。


また、「え!? 福山さんと神木くんに今更こんなこと聞いちゃってもいいんですか!?」と題して事前にTwitterでファンから募集した質問に2人が回答。「2人が出会った時のエピソード」や「もしお互いが入れ替わったら?」などファン必見のトークが展開される。

さらに、神木さんのOfficial YouTubeチャンネル「リュウチューブ」ならではの企画として、YouTube上で人気の「はぁって言うゲーム」に2人が挑戦。俳優としての演技力が存分に試されるこちらのパーティーゲーム。普段あまりゲームをする機会が無いという福山さんは、果たしてゲームクリアなるか!?

「福山雅治×神木隆之介スペシャル対談2020 〈前編〉」は福山雅治Official YouTubeチャンネルにて、「神木隆之介×福山雅治スペシャル対談2020 〈後編〉」は神木隆之介Official YouTubeチャンネルにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top