『ホーム・アローン』『エルフ』『グリンチ』、クリスマスに観たいファミリー・コメディ映画特集

AmazonPrimeVideoにはクリスマスにぴったりの作品が勢ぞろい

最新ニュース スクープ
『ホーム・アローン』『エルフ』『グリンチ』、クリスマスに観たいファミリー・コメディ映画特集
  • 『ホーム・アローン』『エルフ』『グリンチ』、クリスマスに観たいファミリー・コメディ映画特集
12月に入り、もうすぐクリスマス。Amazonプライム・ビデオでも、クリスマスにぴったりの作品が勢ぞろいしている。

その中から今回は、みんなで観たいクリスマスシーズンのファミリー・コメディ映画を特集。

クリスマス映画の代名詞!
何度でもみたくなるナンバーワン・クリスマス・コメディ


『ホーム・アローン』


驚異の世界的大ヒットを放った、スーパー・コメディ第1弾!パリでクリスマスを過ごそうと飛行機に乗り込んだ15人の大家族。だが、飛行機の中で思い出した大事な忘れ物は……8歳のケビンだった!家に取り残されたケビンは、一人の自由を思う存分楽しんでいたが、そこに2人組の泥棒が現れて…?

1991年・103分
監督:クリス・コロンバス
キャスト:マコーレー・カルキン、ジョー・ペシ、ダニエル・スターン ほか

Amazon prime videoで観る


シュワルツェネッガー主演!
プレゼント探しに奔走する父親の奮闘を描いた傑作コメディ!


『ジングル・オール・ザ・ウェイ』


クリスマスを舞台に繰り広げられるハートフル・ホーム・コメディ。仕事人間のハワードは、息子の機嫌を取るために、クリスマス・プレゼントにターボマン人形を約束する。イヴの朝、ハワードは人形を買いに行くが、どこも品切れ状態になっている。郵便配達人のマイロンも同様に人形を探していた。八方手を手を尽くしたが、手に入れられないハワードは隣の主人と妻の仲を誤解する。ショックを受けた彼は、ターボマンのパレードに紛れ込んでしまい…。

1996年・89分
監督:ブライアン・レヴァント
キャスト:アーノルド・シュワルツェネッガー、シンバッド、フィル・ハートマン ほか

Amazon prime videoで観る


ウィル・フェレル主演!
思い出そう、あなたの心の中のクリスマス。


『エルフ ~サンタの国からやってきた~』


赤ちゃんのパディは、偶然にもサンタクロースの袋に紛れ込んでしまう。そのまま北極まで連れて行かれた彼は、エルフ(妖精)として育てられる。しかし、エルフの2倍以上に成長したバディは自分が人間であることを知り…。『奥さまは魔女』のウィル・フェレル主演、『アイアンマン』のジョン・ファヴロー監督によるファンタジー・コメディ。

2003年・96分
監督:ジョン・ファヴロー
キャスト:ウィル・フェレル、ジェームズ・カーン、ボブ・ニューハート ほか

Amazon prime videoで観る


かわいくて、頭が良くて、いたずら好き、そして知的で―危険。


『グレムリン』


クリスマス。ビリーは発明家の父親からとっても不思議な生き物モグワイをプレゼントされた。このモグワイを飼うには3つの大切な約束がある。1つめは水に濡らさないこと。2つめは光を当てないこと。そして3つめは、真夜中の12時過ぎには絶対に食べ物を与えないこと…。

1984年・106分・7+
監督:ジョー・ダンテ
キャスト:ザック・ギャリガン、フィービー・ケイツ、ホイト・アクストン ほか

Amazon prime videoで観る


年に1度の一族の晩餐会。
どうかデザートまで"嘘"がバレませんように!


『クーパー家の晩餐会』


イブの朝、母シャーロットは一大決心を固めていた。4世代11人の一族が集まる今日の夜を「完璧なクリスマス」にするのだ。夫のサムとの離婚が決まり、一家全員の団らんはこれが最後になるからだ。しかし、秘密を抱えているのは彼女だけではなかった。娘のエレノアは不倫の恋を隠すため空港で出会った青年に恋人役を演じてくれと頼み、息子のハンクは失業を隠し、妹のエマに至っては万引きで逮捕!? 始まる前から波乱いっぱいの晩餐会が、いよいよ幕を開ける―。

2015年・106分
監督:ジェシー・ネルソン
キャスト:アラン・アーキン、ジョン・グッドマン、エド・ヘルムズ ほか

Amazon prime videoで観る


極寒の地で孤児になった少年が歩んだ長い道のり―。
胸熱くなるサンタクロースの誕生秘話


『サンタクロースになった少年』


ラップランドの寒村。事故で両親と妹を失った幼いニコラス。村人たちは1年交代で彼の世話をすることに。毎年クリスマスはニコラスが新しい家族の元へ移る日。彼はイブの晩、世話になった家の子供たちに手作りの玩具を置いておくのが習慣となった。だが6年後、村は飢饉にみまわれ…。

2011年・77分・7+
監督:ヨハ・ウリオキ
キャスト:ハヌ・ペッカ・ビョルクマン、カリ・バーナネン、ミナ・ハップキラ ほか

Amazon prime videoで観る


1人の少女が町の命運を握る!?
小さくて大きな奇跡を描くハッピー・ミラクル・ファンタジー!


『ノエル クリスマスに生まれた奇跡』


クリスマスイブの嵐の夜、急に産気づいた母親が山中の納屋に駆け込み、早朝に産声を上げたノエル。彼女は幼い頃からイライラした人々の気持ちを穏やかにする奇跡の力が備わっていた。ノエルが11歳の冬。小さな村の主力産業、スノードームを作る陶器製造工場は倒産の危機にあった。

2019年・78分・7+
監督:リチャード・エルソン
キャスト:エリン・ギャルウェイ・ケンドリック、ロバート・ジェームズ=コリアー、ピアース・ブロスナン ほか

Amazon prime videoで観る


演技派ジム・キャリーの1人7役は必見!
命の輝きと幻想的な世界を忠実に再現した驚くべき感動体験


『Disney's クリスマス・キャロル』


ケチで頑固な老人スクルージは街の嫌われ者。クリスマス・イブの日も、周囲に温かい言葉ひとつかけることもなく、金勘定に勤しんでいる。ところがその晩、ひとりぼっちで過ごしていたスクルージの前に精霊が現れ、自分の過去・現在・未来を巡る旅へと連れ出される。貧しくて孤独だった過去、富と引き換えに人との絆を失った現在、そして想像を絶する未来の自分に愕然としたスクルージは、やがてクリスマスの本当の意味に気づく…。

2009年・96分
監督:ロバート・ゼメキス
キャスト:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ベン ほか

Amazon prime videoで観る


『ミニオンズ』のスタッフが生み出した愛すべき新キャラクターは
クリスマスが大嫌いな超ひねくれものだった?!


『グリンチ』


友達も家族もいないグリンチはいつも一人ぼっち。ずっとさびしい毎日を過ごしていた彼はやがて…すっかりひねくれ者になってしまった!オトナになったグリンチは他人の幸せが大嫌い。愛犬マックスと村はずれの洞窟で誰とも会わずに暮らし、ハートの大きさは普通の人よりもずっと小さくなった。そんなグリンチが一番嫌いなもの、それは村中が幸せな気分に包まれるクリスマス!しかも今年はとびきり豪華になるらしい。もう我慢できないグリンチは、ある計画を思いつく。それは村から“クリスマス”を盗むという、とんでもない作戦だった!

2018年・85分
監督:ヤーロウ・チェイニー
キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ、ラシダ・ジョーンズ、キーナン・トンプソン ほか

Amazon prime videoで観る


すべての人の心をあたたかい気持ちで満たしてくれる、
ミッキーたちの愉快で愛情いっぱいの物語


『ミッキーのクリスマスの贈りもの』


楽しくて心おどる特別な一日。そう、その日はクリスマス。ドナルドは甥っ子のヒューイ、デューイ、ルーイたちの「毎日がクリスマスになりますように」という願いが叶ってしまい大忙し。サンタが家にやってくるのを信じるグーフィーと息子のマックスは、泥棒をサンタと間違えたり、屋根からすべり落ちたりの大騒動。そして、ミッキーとミニーはお互いを思いやるあまり、自分の大切なものを売ってまで、「素敵なクリスマスの贈りもの」を交換しますが…。フィナーレはみんなでクリスマスソングを大合唱!

2000年・65分
監督:ジュン・ファルケンシュタイン、ブラッドリー・レイモンド
キャスト:ウェイン・オールウィン、トニー・アンセルモ、ビル・ファーマー ほか

Amazon prime videoで観る


「クリスマスさんってどんなひと?」ムーミン谷に訪れた不思議な冬の魔法


『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』


物語の始まりは木の葉が舞い落ちる秋。好奇心でいっぱいのムーミントロールは、ムーミン谷に間近に迫っている冬を感じようと、友人のスナフキンと一緒に出掛けることにする。そこでムーミンたちが知ったのは、間もなく“クリスマス”がやってくるということだった。「クリスマスさんって誰?どんな人?」と想いを巡らせるムーミン。そしてムーミンは不思議な冬の魔法や、驚きの数々と出会っていく…。

2017年・83分
監督:ヤクブ・ブロンスキ、イーラ・カーペラン
キャスト:宮沢りえ(声の出演)、神田沙也加(ナレーション) ほか

Amazon prime videoで観る


Amazonプライム会員なら、対象の映画・TV番組が見放題!今なら30日間無料トライアル実施中!
Amazon prime videoを30日間無料トライアル

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がcinemacafe.netに還元されることがあります。
《佐々木未来》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top