土屋太鳳主演ドラマは“クリスマスキャロル”のような物語「4つの不思議なストーリー」

「4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP」より、土屋太鳳が主演を務めるドラマ「冬の奇跡」のストーリーとコメントが到着した。

最新ニュース スクープ
「4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP」(C)フジテレビ
  • 「4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP」(C)フジテレビ
  • 土屋太鳳/『累-かさね-』完成披露試写会
12月26日(土)放送の「4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP」より、土屋太鳳が主演を務めるドラマ「冬の奇跡」のストーリーとコメントが到着した。

同番組は、「ほんとにあった怖い話」スタッフが放つ一夜限りのスペシャルドラマ。4本立てのオムニバス形式で構成されており、土屋さん、中川大志、葵わかな、柳楽優弥が各ドラマで主演を務める(※放送順)。また、松坂桃李、高畑充希は喫茶店のシーンに出演し、なんとも不可思議な体験を語りで披露する。

今回発表された「冬の奇跡」では、土屋さんが、料理の道へ進むことを夢見て吉本忠文(八嶋智人)が経営する弁当屋で働く望月加奈子を演じる。

加奈子と弟・友也(松尾潤)を女手一つで育てた母・幸恵(石野真子)が他界してから2年。加奈子が家庭と仕事を両立させようと必死になっていたある日、母の遺影が置いてある棚から物音がしたのを発端に、加奈子の身のまわりで不思議な出来事が立て続けに起こるように…というあらすじ。

台本を読み、土屋さんは「少し『クリスマスキャロル』のような雰囲気を感じる物語だと思いました。2020年は本当にさまざまなことが起きたので、今もいろいろな思いを胸に秘めたり、飲み込んだり、抱えたりしている人も多いと思うのですが、あらためて“伝える”ということはすごく大切なことなのだなと思いました」と作品の印象を明かす。

そして実際に演じてみて、「加奈子に対して、“もし友達だったらアドバイスしたくなるだろうな”と思う部分もありました。この物語の中で描かれている加奈子の時間は数年ですが、実際は子どもの頃からのさまざまな(経験の)積み重ねが、記憶していない思い出も含めて加奈子の心を支えたり縛ったりしていると思うので、その部分を想像しながら役作りをしました。共演者の方々に恵まれて、自分なりの試行錯誤を加奈子につなげることができたと思います」とふり返る。

また、八嶋智人と石野真子も本作に登場。「八嶋さんはずっとお会いしたかった役者さんの一人だったので、お名前を見た瞬間ドキドキしました。ソワソワしながら現場に入ったのですが、パワフルで面白くて、素晴らしかったです!石野さんとご一緒させていただいたのは、なんと3回目となります。本当にうれしく、心強く思いました。演技の時もそうでない時も柔らかく包み込んでくださるような方で、今回も本当に助けていただきました」と2人と共演した感想を語った。

なお、ほか3つのドラマについては後日発表予定だ。

土曜プレミアム「4つの不思議なストーリー~超常ミステリードラマSP」は12月26日(土)21時15分~フジテレビにて放送。※スポーツ中継により時間繰り下げの場合あり
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top