吉沢亮&若葉竜也、かつてのライバル対決に期待膨らむ『AWAKE』本編映像

クリスマスから公開される、実際の対局から生まれた感動の青春物語『AWAKE』より、本編映像が到着した。

映画 邦画ニュース
『AWAKE』(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
  • 『AWAKE』(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
  • 『AWAKE』(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
  • 『AWAKE』 (C) 2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
  • 『AWAKE』 (C) 2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
  • 『AWAKE』(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
  • 『AWAKE』 (C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
クリスマスから公開される、実際の対局から生まれた感動の青春物語『AWAKE』より、本編映像が到着した。

>>『AWAKE』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、2015年に実際に行われた棋士vsコンピュータの対局に着想を得て、山田篤宏監督が書き下ろした完全オリジナルストーリー。天才に敗れ、棋士になる夢を諦めた吉沢亮演じる主人公が、ある日出会ったAI将棋のプログラミングに新たな夢を見出し、かつてのライバルと再戦を果たす…。

『AWAKE』 (C) 2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
到着した映像では、そんな世紀の対決を目前に控え、将棋ソフト「AWAKE」に挑戦する棋士・陸(若葉竜也)のインタビューからスタート。その中で、ひとりの記者からプログラム開発者について聞かれると、少し間を置きながらも「特に意識はしてません。僕が戦うのは、あくまで彼が作ったコンピュータソフトなので」と冷静に対応する。

『AWAKE』(C)2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
一方で、「AWAKE」をさらに強くしようと、開発者の英一(吉沢亮)は昼夜を問わずひたすらソースコードを打ちこみ続ける様子が描かれる。

『AWAKE』 (C) 2019『AWAKE』フィルムパートナーズ
さらに、棋士の勝利を信じる者、AIの優位性を主張する者といった、世間の盛り上がりとは裏腹に、事前に研究用に貸し出された「AWAKE」を相手にする陸は、1勝もできず次第に危機感を募らせていく様子も伺える。


『AWAKE』は12月25日(金)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top