宮沢氷魚&毎熊克哉が出演、広瀬すず主演ドラマ初出し映像も「あんのリリック」

堀本裕樹の青春俳句小説「桜木杏、俳句はじめてみました」を広瀬すず主演でドラマ化する「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」。この度、本作のキャストと特報映像、ポスタービジュアルが公開された。

最新ニュース スクープ
「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」
  • 「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」
  • 「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」
堀本裕樹の青春俳句小説「桜木杏、俳句はじめてみました」を広瀬すず主演でドラマ化する「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」。この度、本作のキャストと特報映像、ポスタービジュアルが公開された。

本作は、広瀬さん演じる芸大生リリックライター・桜木杏と、俳人でコピーライターの連城昴が織りなす“言葉”をめぐり、熱く魂がぶつかり合う青春ドラマ。

杏の言葉の才能に気づき、俳句の世界へ引き入れるコピーライターであり俳人の連城昴役には、「コウノドリ」「偽装不倫」『his』への出演も話題となった宮沢氷魚。杏と昴の言葉を通じて展開される恋模様も注目。

宮沢さんは「役作りの一環で事前にキャストで句会を開いて俳句の勉強をしたり、小学生ぶりに俳句を書きました」と明かし、「当時は理解できなかった俳句の奥深さや新しい発見がたくさんありました。今やSNSで言葉が簡単に発信できる時代だからこそ改めて言葉が持っている威力、影響力を再確認する必要があると思います。ぜひ『あんのリリック』を観ていただき、皆さんにも言葉について考えて頂きたいです」とコメントしている。

また、広告代理店に勤める敏腕クリエイティブディレクター、昴を俳句×ラップのプロジェクトに巻き込む上司の塔矢ローズゆりを夏川結衣。昴の俳句の師匠である本宮を田辺誠一。昴の良き先輩である神谷を毎熊克哉。密かに昴に想いを寄せるすみれを、モデルの安藤ニコ。句会のメンバー・梅天役を落語家の桂雀々。杏を見守る寮母の雪恵をふせえり。杏の父親を荒川良々が演じることも決定した。

そしてポスタービジュアルは、広瀬さんと今回発表されたキャストたちも登場。杏がこれまで触れたことのなかった俳句の世界で、様々な人と出会い、言葉の力で自分の殻を突き破り、成長していく物語を表現。ラップのリリックや俳句、ドラマ内で登場する言葉が散りばめられている。なお、今作のタイトルロゴは広瀬さんの直筆。数十通りものパターンが書かれ、珠玉のタイトルロゴが完成した。

「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」
さらに特報映像も初公開。公式サイトやWOWOW公式YouTubeにて視聴することができる。



■ストーリー
芸大生の桜木杏(広瀬すず)は、友達がいない。日々のささやかな楽しみは、近所の掲示板に貼られている“言葉”を愛でることと、匿名でラップのリリック(歌詞)を作ることである。折しも、何気なく口ずさんだリリックをきっかけに、大手広告代理店勤務の連城昴(宮沢氷魚)に声をかけられる。俳人でもある昴は、上司の塔矢ローズゆり(夏川結衣)から、俳句とラップをテーマにしたプロジェクトチームに引き入られ、この突飛な企画に頭を悩ませていた。昴に丸め込まれた杏は、プロジェクトの手伝いをすることとなる。俳句は知らないし、人間関係も不安だった杏。だが、俳人・本宮鮎彦(田辺誠一)の句会で個性的な面々と出会い、俳句の世界に惹かれていく。そんな矢先、代理店での打ち合わせに参加した杏は、リリックを提供していた売れっ子ラッパーと鉢合わせてしまう。

「ドラマWスペシャル あんのリリック-桜木杏、俳句はじめてみました-」は2021年2月27日(土)21時~前編、3月6日(土)21時~後編、WOWOWプライムにて放送。WOWOWオンデマンドにて配信予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top