『SING/シング』続編キャストにレティーシャ・ライト、ファレル・ウィリアムスら

2016年12月にアメリカ、2017年3月に日本で公開され、大ヒットした『SING/シング』。続編『SING 2』(原題)に登場する新キャラクターを演じるキャストも実に豪華。

最新ニュース ゴシップ
レティーシャ・ライト Photo by Frazer Harrison/Getty Images
  • レティーシャ・ライト Photo by Frazer Harrison/Getty Images
  • 「U2」ボノ -(C) Getty Images
  • ファレル・ウィリアムス-(C)Getty Images
  • ホールジー-(C)Getty Images
2016年12月にアメリカ、2017年3月に日本で公開され、大ヒットした『SING/シング』。前作のキャストには、マシュー・マコノヒー、スカーレット・ヨハンソン、リース・ウィザースプーン、タロン・エジャトンといった大物が集結したが、続編『SING 2』(原題)に登場する新キャラクターを演じるキャストも実に豪華。

U2のボノ、ファレル・ウィリアムス、ホールジー、レティーシャ・ライト(『ブラックパンサー』)、ボビー・カナヴェイル(『アントマン』シリーズ)、チェルシー・ペレッティ(「ブルックリン・ナイン-ナイン」)、コメディアンのエリック・アンドレが新たに加わることが明らかになった。「Variety」誌などが報じた。

今作がアニメデビューとなるボノは、妻を亡くしたあと人前に姿を見せなくなった伝説的なロック歌手のライオン、クレイ・キャロウェイの声を務める。ボビーは傲慢でギャングスターのような狼ジミー・クリスタル役を演じ、エンタメ界の一流劇場「ザ・クリスタル・タワー・シアター」でショーを開催したいと願うバスター・ムーン(マシュー)たちに「クレイを舞台に出せるなら」という条件を突き付ける。ホールジーはジミーの娘ポルシェ役、ファレルはトラックのアイスクリーム屋のオーナーでゾウのアルフォンソ役、レティーシャは世渡り上手な猫のダンサー役。


『SING 2』は2021年12月22日に全米公開予定。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top