ケヴィン・ファイギが参加の『スター・ウォーズ』新作、脚本家に「ロキ」の製作総指揮を起用

マーベルのCEOケヴィン・ファイギが参加するということで、大きな期待が寄せられている『スター・ウォーズ』最新作。

最新ニュース ゴシップ
『スター・ウォーズ』ロゴマーク -(C) Getty Images
  • 『スター・ウォーズ』ロゴマーク -(C) Getty Images
  • ケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
  • 「D23」マーベル講演ケヴィン・ファイギ
  • ケヴィン・ファイギ(C)Getty Images
マーベルの社長ケヴィン・ファイギが参加するということで、大きな期待が寄せられているタイトル未定の『スター・ウォーズ』最新作。脚本家が「Disney+」で制作中の「Loki」(原題)の製作総指揮兼脚本家マイケル・ウォルドロンに決定したという。「Variety」誌が報じた。

ウォルドロンは、『ドクター・ストレンジ』の続編『Doctor Strange in the Multiverse of Madness』(原題)の脚本を手掛けており、今後のディズニー、マーベル、ルーカスフィルム作品での活躍が見込まれる。「Loki」シーズン1は先月撮影を終了し、5月に配信を控えているが、すでにシーズン2の制作が決定し、2022年1月に制作をスタートとの情報もある。引き続きウォルドロンが製作総指揮を務めるというのだから、やはり彼に対する3社の信頼は厚いようだ。

『スター・ウォーズ』最新作については、昨年9月、同シリーズの大ファンだというファイギが開発に参加していることをディズニーが認めたが、それ以外のことは明らかになっていない。

今後の『スター・ウォーズ』関連作はパティ・ジェンキンス監督作の『Rogue Squadron』(原題)、タイカ・ワイティティ監督のタイトル未定作品、『インフィニット』のJ・D・ディラード監督と「ルーク・ケイジ」の脚本家マット・オーウェンズが開発中のタイトル未定作品と目白押し。
《Hiromi Kaku》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top