実写版『ピノキオ』『ズートピア』短編ほかディズニープラス配信の実写&アニメ、計20作品発表

実写版のトム・ハンクス主演『ピノキオ』、『ピーター・パン&ウェンディ』などディズニープラスの2021年以降配信予定作品が発表。

映画 洋画ニュース
ディズニープラス配信予定作品(C)2021 Disney
  • ディズニープラス配信予定作品(C)2021 Disney
  • 『ピノキオ』(C)APOLLO
  • トム・ハンクス-(C)Getty Images
  • ジュード・ロウ (C) Getty Images
  • ウーピー・ゴールドバーグ-(C)Getty Images
  • エイミー・アダムス -(C) Getty Images
  • ザック・エフロン-(C)Getty Images
実写版のトム・ハンクス主演『ピノキオ』はじめ、『ピーター・パン&ウェンディ』(原題)、『魔法にかけられて』続編、『ズートピア』や『モアナと伝説の海』のシリーズ作品など、ディズニー公式動画配信サービスDisney+(ディズニープラス)から名作の実写化、映画から生まれたシリーズ、オリジナル新作など、2021年以降配信予定の実写13作品、アニメーション7作品のラインアップが明らかになった。

▼豪華なキャストで贈る名作の実写映画化!


ディズニーが誇る不朽の名作がハリウッド大作として蘇る


不朽の名作を実写化するだけではなく、ミュージカルやアニメーションとの融合といったディズニーが持つ伝統と最先端の技術を用い、これまでにないエンターテインメント作品として蘇る。

『ピノキオ』はロバート・ゼメキス監督、トム・ハンクス主演でミュージカル映画となって登場。ストーリーはそのままに、最新鋭のCGを駆使してピノキオに生命が吹き込まれる。

『ピノキオ』(C)APOLLO
そして、冒険が大好きな永遠の少年と海賊が攻防戦を繰り広げる『ピーター・パン&ウェンディ』(原題)では、キャプテン・フック役にジュード・ロウ、ティンカーベル役にヤラ・シャヒディが演じることが発表されている。

ジュード・ロウ (C) Getty Imagesジュード・ロウ

▼人気のアニメーション映画から生まれたシリーズ作品


映画では描き切れなかった新たな物語がついにスタート!


『白雪姫』から『アナと雪の女王』まで数々のヒット作を生み出してきた歴史あるウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオによって、映画では描き切れなかった新たな物語がスタート。

映画『ベイマックス』でアカデミー賞を受賞した監督ドン・ホールによる「ベイマックス」(原題)は当スタジオにとって初となるアニメーション・シリーズ作品。

そして20世紀スタジオによる大ヒット映画『アイス・エイジ』シリーズのスピンオフ作品『アイス・エイジ:アドベンチャー・オブ・バックワイルド』(原題)や、大都会を生き抜く動物たちの冒険を描いたアカデミー賞受賞作品『ズートピア』が短編シリーズ「ズートピア+」(原題)として戻ってくる。

さらに、誰もが知る超人気作品『モアナと伝説の海』からは「モアナ・ザ・シリーズ」(原題)として、主人公のモアナの勇敢な航海を追った物語が長編ミュージカルとしてシリーズ化決定。本編とは違った魅力満載のストーリーが楽しめる。

▼ファン待望!大ヒット映画の続編


新たな展開にハラハラドキドキ!誰もが待っていた続編が続々


世界的大ヒットを記録した90年代を代表する名作『天使にラブ・ソングを…』の第3作目『シスター・アクト3』(原題)の製作が決定、主演はもちろんウーピー・ゴールドバーグ、プロデューサーは『マディアおばさん』シリーズなどで知られる俳優で映画監督のタイラー・ペリー。

ウーピー・ゴールドバーグ-(C)Getty Imagesウーピー・ゴールドバーグ
そして2008年公開された『魔法にかけられて』の続編となる『ディスエンチャンテッド』(原題)は、おとぎ話の住人だったプリンセスのジゼルがニューヨークに迷い込む物語を、アニメーションと実写を見事に融合させて描いた作品の続編。主演には、エイミー・アダムスの続投が決定。

エイミー・アダムス -(C) Getty Imagesエイミー・アダムス

▼全く新しいストーリーの幕開け


ディズニープラスの全く新しいオリジナル作品も登場


完全オリジナルの新作も数多く登場。アフリカのエンターテイメントカンパニー「キガリ社」との共同製作となる『イワジュ』(原題)が2022年にディズニープラスで配信が決定。タイトルは、アフリカの民族ヨルバ人の言葉で「ザ・フューチャー」を意味し、サイエンス・フィクションが深く関係する作品となる。

また、NBAでMVPを獲ったヤニス・アデトクンボと彼の家族についての実話に基づく感動物語『グリーク・フリーク』(原題)やNBAのスーパースター、クリス・ポールを描いた伝記映画も配信を予定。

ほかにも続々配信・実写作品


実写とアニメーションのハイブリッド長編映画『チップとデールの大作戦』、1993年のハロウィーン・カルトの続編『ホーカス ポーカス2』(原題)、ザック・エフロン主演の現代版『スリーメン&ベビー』(原題/2022年配信)、ドウェイン・ジョンソン製作『キーノン・ロー』(原題)、コメディ・アドベンチャー『フローラとユリシーズ』、同名ヒットコメディを「black-ish」のプロデューサー、ケニヤ・バリスが新たに製作した『12人のパパ』(2022年配信予定)。今回はアニメーションという新たなヒネリをきかせた『ナイト ミュージアム』(原題)も予定。

ザック・エフロン-(C)Getty Imagesザック・エフロン

ほかにも続々配信・アニメーション作品


人気書籍から実写映画フランチャイズとなった『グレッグのダメ日記』が2021年にまったく新しいアニメーション映画として配信、長編形式のミュージカル・コメディ・シリーズ「ティアナ」(原題)は2023年に配信予定となっている。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top