岩田剛典&新田真剣佑の制服メイキングカット公開、色彩にも注目『名も無き世界のエンドロール』

行成薫の小説を原作とした『名も無き世界のエンドロール』より、岩田剛典&新田真剣佑のメイキングカットが公開された。

映画 邦画ニュース
『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
  • 『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
  • 『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
  • 『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
  • 『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
  • マコトの部屋『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
行成薫の小説を原作とした、岩田剛典&新田真剣佑の初共演作『名も無き世界のエンドロール』より、2人をとらえたメイキングカットが公開された。

>>『名も無き世界のエンドロール』あらすじ&キャストはこちらから

何よりも強い絆で結ばれた幼なじみのキダとマコトをそれぞれ演じる岩田さんと新田さん。10年もの歳月をかけて表と裏それぞれの社会でのしあがり、住む世界の違うある女性に近づき、プロポーズをしようとしていたが、実はそれは日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だったのだ。

『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
過去と現在が激しく行き来しながら、ラストの20分で真実が繋がっていくという仕掛けが見どころの本作。今回到着した写真では、過去パートである学生時代の一幕と、ある壮大な計画を実行するために2人がそれぞれ「闇の交渉屋」と「実業家」へと変貌を遂げた現在パートの撮影現場が写し出されている。

学生時代の楽し気なムードと、一方で真剣な顔つきを見せる、印象の異なる2人の表情。ラストシーンの撮影に向け、現場も緊張感が高まっていったことが感じられるようだ。

『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
また、佐藤祐市監督が「過去と現在の違いを表現するために、大切な思い出が詰まった過去のシーンは”暖色のアンバー系”に、ある壮大な計画に向かって邁進する現在を”寒色のブルー系”のトーンで撮影しました」と語る通り、比較してみると色のトーンの違いを確認することができる。

『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
さらに、計画の準備を進める基地となる、現在パートのマコトの部屋の全貌も公開。色彩の違いは美術セットにも反映されており、マコトの部屋はカーテンやソファー、絵画まで青系で統一。成功を収めたマコトは、一等地のタワーマンションで暮らしているが、その部屋はどこか冷たく、寂しい雰囲気が漂っている。

マコトの部屋『名も無き世界のエンドロール』メイキング(C)行成薫/集英社(C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会
『名も無き世界のエンドロール』は1月29日(金)より全国にて公開。オリジナルドラマ「Re:名も無き世界のエンドロール~Half a year later~」はdTVにて1月29日より独占配信。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top