役所広司“三上”の出所メシは!? 飯島奈美「憧れの西川組」に初参加『すばらしき世界』

『かもめ食堂』や『深夜食堂』などのフードスタイリスト・飯島奈美が、西川美和監督の最新作『すばらしき世界で、役所広司演じる主人公・三上が刑期を終えて初めて食す、“出所メシ”を手がけている

映画 邦画ニュース
『すばらしき世界』親分のご馳走(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』親分のご馳走(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』飯島奈美メイキング(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』すき焼き(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』卵かけごはん(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』ホルモン屋(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
  • 『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
『かもめ食堂』や『南極料理人』、『深夜食堂』、現在公開中の『おらおらでひとりいぐも』など、数多くの作品に登場する料理を担当したフードスタイリスト・飯島奈美が、西川美和監督の最新作『すばらしき世界』に初参加。役所広司演じる主人公・三上が刑期を終えて初めて食す、“出所メシ”を手がけている。

>>『すばらしき世界』あらすじ&キャストはこちらから

出所メシといえば印象深いのが、『幸せの黄色いハンカチ』(77/山田洋次監督)。高倉健演じる島勇作が刑期を終え出所するや、食堂に立ち寄り「ビール、しょうゆラーメン、カツ丼」を注文する。高倉さんは2日間絶食をしてこの撮影に挑んだ、というエピソードが後々まで語り継がれているシーンだ。刑務所の食事は“冷や飯”とも呼ばれるが、シャバに出た人間が久方振りに手にした自由を噛みしめ、ついに出来たての食事にありつく姿には得も言われぬ思いが映し出されるのかもしれない。

『すばらしき世界』(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会
本作で役所さん演じる三上正夫は、13年振りに出所し、旭川刑務所から東京へ向かったその晩、身元引受人の庄司(橋爪功)の自宅に身を寄せる。そこで夕飯として出されるのが、すき焼き。

『すばらしき世界』すき焼き(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会すき焼き
食卓を見つめるばかりの三上の姿を見て、庄司は「あんまり急なんだよ。13年も冷えた飯しか口に入れてないんだから。いきなりこんなグラグラ煮立ってるもの、食えるわけないじゃないか、なあ」と妻・敦子(梶芽衣子)に声を掛け、三上を気遣う。

このシーンを支えたのが、荻上直子監督『かもめ食堂』や沖田修一監督『南極料理人』をはじめ、石井裕也監督、是枝裕和監督らの現場に携わってきたフードスタイリストの飯島さん。

『すばらしき世界』飯島奈美メイキング(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会フードスタイリスト・飯島奈美
「今回の撮影では、すき焼きがメインの食事でした。台本を読んでこの夫婦の生活を想像して、あまり豪勢すぎるのも違うと思ったので、脂が少なめの牛肉を準備しました。大切なシーンのひとつだと思ったので、とにかく監督の想いが伝わるように」と、本シーンで留意したことを語る。

「仕事柄ですが、他の映画やドラマを見ていると、この人数でこの量だと品数が少ないなとか、湯気がもっと出ていたら美味しそうだな等、そういう所に気がいってしまいながら観ていることはありますね(笑)」と飯島さん。台本を読みイメージを膨らませ、撮影前に監督、美術と打ち合わせる。そのシーンで悪目立ちせずに馴染んでいるか、リアルであるかなど、その食事を囲む人物の生活レベルや背景を細かく落とし込んでいくという。フレームの外にある箸置きひとつをとっても、こだわりの品が置かれているという徹底ぶり。この細やかな事前の準備も相まって、観客の視線は三上の一喜一憂の表情に釘付けになるのだろう。

『すばらしき世界』ホルモン屋(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会ホルモン屋にて
「憧れの西川組に初参加でした。ずっと西川監督の作品が好きでしたし、別の現場でお会いした際に監督の撮影時には(現場に)ケータリングします!と言っていたほどなので、今回は念願が叶いうれしかったです。西川組は、とても穏やかですが緊張感があって、それぞれの仕事を全うして、皆で同じ方向をみているいい現場でした」と振り返る。

『すばらしき世界』卵かけごはん(C)佐木隆三/2021「すばらしき世界」製作委員会卵かけごはん
また、三上という人物を追う上で、生活に欠かせない食事はそのほかのシーンでも度々登場するが、飯島さんの“さりげない”が存在感のある仕事ぶりがいかんなく発揮された三上の故郷、九州・福岡でのひと幕も特筆すべきシーン。

昔の知り合いの暴力団の親分・下稲葉(白竜)とその妻・マス子(キムラ緑子)の元へ向かった三上を待っていたのは、温かな言葉と歓待だった。豪勢な刺身の船盛りや、徹底的にリサーチをしたという福岡の郷土料理、かしわ飯や筑前煮、鰯のぬか床炊きなどが並べられている。


『すばらしき世界』は2月11日(木・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top