池谷のぶえ&杉田智和、神木隆之介“ワニ”の両親に『100日間生きたワニ』

池谷のぶえと杉田智和が『100日間生きたワニ』に出演することが分かった。

映画 邦画ニュース
『100日間生きたワニ』(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
  • 『100日間生きたワニ』(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
  • 『100日間生きたワニ』(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
  • 『100日間生きたワニ』(C)2021「100日間生きたワニ」製作委員会
  • 杉田智和
  • 池谷のぶえ
池谷のぶえと杉田智和が、社会現象を巻き起こした4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」のアニメーション映画化『100日間生きたワニ』に出演することが分かった。

>>『100日間生きたワニ』あらすじ&キャストはこちらから

100日間のワニの日常と、そこから100日後、大切なものを失った仲間たちのその後の姿を描く本作。主人公のワニの声を神木隆之介が担当するほか、中村倫也、木村昴、新木優子の出演が決定している。

そして今回明らかになった池谷さんと杉田さんが声をあてるのは、ワニの両親。

ワニの母役を演じるのは、「執事 西園寺の名推理」「妖怪シェアハウス」など様々な映画やドラマで活躍する池谷さん。原作の掲載の途中から追いはじめ、100日後を見届けてから初めに戻って見たという池谷さんは「100日という区切られた時間で人生を見つめると、普段雑に過ごしてしまいがちな一日一日が、なぜこんなにも愛おしく思えるのでしょう。今回映画では『100日間生きた』という視点で描かれています。実存は消えてしまっても、残された者たちの中にはずっと生き続けるのだな…と、また違った日々の愛おしさを感じます」とコメント。

池谷のぶえ
ワニの父役の杉田さんは、「銀魂」の坂田銀時役をはじめ、「涼宮ハルヒの憂鬱」「七つの大罪」など数々の作品に出演する人気声優。「短い間ですが、父親を演じると、彼の事を本当の息子のように思えてきました」とふり返り、「ワニ君が望んでいた未来は何だったのか。それは本ワニにしか解りませんが、恐らく、諍いや争いを望んではいなかったと思います。そうであって欲しい」と思いを語っている。

杉田智和
『100日間生きたワニ』は5月28日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top