森川智之&甲斐田裕子が参加、アニメ「バイオハザード」舞台はホワイトハウス!?

森川智之と甲斐田裕子が「BIOHAZARD:Infinite Darkness」の日本語吹き替えキャストを務めることが決定。ティザーアートと新場面写真も公開された。

最新ニュース スクープ
「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 森川智之・甲斐田裕子
  • 「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
森川智之と甲斐田裕子が、Netflixオリジナルアニメシリーズ「BIOHAZARD:Infinite Darkness」の日本語吹き替えキャストを務めることが決定。ティザーアート第2弾と新場面写真も公開された。

2006年、ホワイトハウスが何者かにハッキングされた。大統領管轄の極秘ファイルに不正アクセスの痕跡が見つかったのだ。捜査のため召集された合衆国エージェントのレオン・S・ケネディらは、停電したホワイトハウス内で正体不明のゾンビと遭遇。

一方、テラセイブの職員クレア・レッドフィールドは難民支援のために訪れた国で失語症の少年が描いた奇妙な絵と出会う。ウィルス感染者を描いたと思われるその絵をきっかけに、独自の捜査を進める。翌朝、ホワイトハウスを訪れたクレアはレオンを見つけ、その絵を見せる。この2つの関連性に何かを悟るレオンだったが、クレアには関係ないと言ってその場を立ち去る――。

本作は、サバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」シリーズの人気キャラクター、レオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション作品。

森川さんと甲斐田さんが声を担当するのは、もちろんレオンとクレア。ゲーム「バイオハザード RE:2」以来の再共演となる。森川さんは「また戦いの日々がやって来るのかと思うと、早くも胸の高鳴りが抑えられない状態です」と心境を明かし、「表題のインフィニットダークネスとはいったいどういう意味を持つものなのか、新たなドラマでのレオンの活躍にご期待ください!」とメッセージ。

森川智之・甲斐田裕子
「ついにドラマ化!?レオンとクレアにどんな展開が待っているのか楽しみです」とワクワクしているという甲斐田さんは、「昔プレステ版の2で犬に追い詰められ叫びながらプレイしてたのが懐かしい、恐怖に耐えられるでしょうか」とコメント。

「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
なお森川さんは、3月27日(土)の「AnimeJapan 2021」Netflixステージに登壇することも決定した。

また今回到着したティザーアート第2弾では、シリーズ初のスーツ姿を披露。銃を構えるレオンと、ライトを片手になにかを探している様子のクレア、そして重要な舞台のひとつ、ホワイトハウスに向かうゾンビたちの姿も描かれている。

「BIOHAZARD:Infinite Darkness」(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
そして、このホワイトハウスで偶然再会したレオンとクレアの新場面写真も到着。新しいシリーズの世界観を少し覗くことができる。

「BIOHAZARD:Infinite Darkness」は2021年、Netflixにて全世界独占配信予定。
《cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top