【インタビュー】吉川愛 アリエルに憧れた少女がディズニー新ヒロイン・ラーヤに抱いた“孤独”と“成長”の魅力

声優初挑戦となった吉川愛。子どもの頃からディズニー・アニメーションが大好きだったそうで、ラーヤ役に決定する以前、オーディションの段階から「信じられない」気持ちだったという。

最新ニュース インタビュー
吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
  • 『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C) 2021 Disney and its related entities
時代ごとに常に多様な女性像を描き出してきたディズニーがまた新たなヒロインを誕生させた。先日、公開を迎えた『ラーヤと龍の王国』の主人公・ラーヤは、過去のディズニーのヒロインの中でも屈指の強さを誇りつつも、全てを失った“ひとりぼっち”な存在である。そんな彼女が旅を続けながら仲間に出会い、大切なものに気づかされていく姿を描く。ラーヤの日本版声優を担当した吉川愛に本作、そしてラーヤの魅力について話を聞いた。

「自分を信じられるような努力」が大切


『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C) 2021 Disney and its related entities
今回、声優初挑戦となった吉川さん。子どもの頃からディズニー・アニメーションが大好きだったそうで、ラーヤ役に決定する以前、オーディションの段階から「信じられない」気持ちだったという。

「オーディションは、すごく緊張しました。“ディズニー”というワードをまさかお仕事で聞けるとは思ってなかったですし、『(受かる受からない以前に)いい経験をさせていただいたなぁ…』という気持ちでした。だから受かった時は『え…!?』という感じで。別のお仕事の休憩中に電話で知ったんですけど、まさか受かると思ってなかったので『私?』って(笑)。普段からアニメはよく見るので、声優さんという仕事への憧れはありました。アニメを見ているうちに、いつか自分でもやってみたいなと。でも、まさか初めての声のお仕事がディズニー・アニメーションになるとは思ってなかったです(笑)」。

吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
かつて、龍と共に栄えた王国を取り戻すべく、伝説の最後の龍・シスーを探す旅を続けるラーヤ。過去に“敵”に心を許したばかりに、父を失い、王国の荒廃を招いた経験があるがゆえ、他人を心の底から信じることができない。この「信じる」ということが物語を通じて大きなテーマとなっている。

「最初に脚本を読んだ時、信じ合う心というのはこんなにも大切なものなのかと思いました。私自身、初対面の方に対して慎重になりすぎてしまう部分があるので、そういうところはラーヤと似ているなと思うし、彼女に共感できました。でもこの物語から、自分から積極的に一歩踏み出してみようと思えたし、私みたいな人にもぜひ見てほしい作品だなと感じました」。

『ラーヤと龍の王国』(C)2021 Disney. All Rights Reserved.(C) 2021 Disney and its related entities
「信じる」ということに関して、何よりも難しく、そして大切なのは「自分自身を信じること」だと吉川さんは言う。

「まず、自分を信じられないと、どういうふうに生きていくのかも決められない。自分を信じて、行動に移していくのが大事だなと感じています。そのために、自分を信じられるような努力を積み重ねていかないといけないんですよね。私自身の経験として、ちょっとでも自分で自信を持たないといけないなというのは感じています。中身を磨く努力をしてみたり、ちょっとだけでも見た目を変えてみたり、ちょっとしたことでもいいから少しでも自信を持てるように努力していくことが必要だなと思いますし、その努力があれば(不安な時に)『ちゃんとやってきたんだから』と思えるんですよね」

吉川愛『ラーヤと龍の王国』/photo:You Ishii
《text:Naoki Kurozu/photo:You Ishii》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top