【ドラマニア】二階堂ふみ、中川大志ら若手が光る! 夏の注目ラインアップ

2021年もいよいよ折り返しに突入、7月から夏ドラマの放送がスタートします。今日は、中でも注目のドラマ作品を一挙ご紹介していきましょう。

最新ニュース コラム
火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(C)TBS
  • 火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(C)TBS
  • 「ボクの殺意が恋をした」
  • 火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(C)TBS
  • 戸田恵梨香×永野芽郁「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」
  • 「ボイスII 110緊急指令室」放送決定
  • 「緊急取調室」第4シーズン(C)テレビ朝日
  • 「ナイト・ドクター」第2話(C)フジテレビ
2021年もいよいよ折り返しに突入、7月から夏ドラマの放送がスタートします。今期は、医療モノから刑事モノ、ドタバタなラブコメディまで幅広い作品が顔を揃える豪華なラインアップ。今日は、中でも注目のドラマ作品を一挙ご紹介していきましょう。

豪華キャストの化学反応に期待!
注目のオリジナル脚本は…?


「ナイト・ドクター」第2話(C)フジテレビ「ナイト・ドクター」第2話
主演に波瑠さんを迎え、田中圭さん、「King & Prince」の岸優太さん、北村匠海さん、岡崎紗絵さんらと共に夜間救急専門の医師を演じる「ナイト・ドクター」(月曜9時)。年齢も性格も価値観も全く異なる彼らが、夜は命に、昼はそれぞれの人生に向き合いながら唯一無二の絆を紡いでいく青春群像劇となっています。まさに今勢いのある、個性豊かな顔ぶれが揃った一作。若手の指導役として、沢村一樹さんが笑顔を封印し、慕われないリーダーを演じるということで、その化学反応に期待が高まります。

「ボクの殺意が恋をした」「ボクの殺意が恋をした」
加えてもうひとつ、オリジナル脚本ドラマとして注目なのが、日曜10時30分より放送の「ボクの殺意が恋をした」です。身体能力とルックスは100点満点――しかしながら、殺しの才能は0点という最高に間の悪い殺し屋(中川大志)が、ターゲットの女(新木優子)に恋をしてしまうスリリング・ラブコメディ。殺意×恋心という、決して交わるはずのない感情が巡る、ハラハラ・ドキドキの展開をお楽しみください。

話題の実写化では、勢いのある女優勢がキャラの濃いヒロインに


火曜ドラマ「プロミス・シンデレラ」(C)TBS「プロミス・シンデレラ」
昨年朝ドラでも大活躍した二階堂ふみさんを主演に迎え、同名漫画を原作とする「プロミス・シンデレラ」(火曜10時)。夫から一方的に離婚を告げられ、無一文となってしまった主人公・早梅は、金持ちでイケメンだが性格のすこぶる悪い男子高校生・壱成(眞栄田郷敦)に目をつけられ、彼の仕掛ける“リアル人生ゲーム”に巻き込まれてしまいます。壱成の兄であり、早梅の初恋の相手でもある高級老舗旅館の御曹司・成吾(岩田剛典)との三角関係も加速して…。人生崖っぷちシンデレラのハートを射止めるのは、どちらなのでしょうか。

戸田恵梨香×永野芽郁「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」
また水曜10時枠では、元警察官の泰三子さんが描くリアル警察エンターテインメントの実写化も決定。戸田恵梨香さん×永野芽郁さんという勢いのある2人をW主演に、「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」が放送されます。辞表を握りしめるひよっこ警察官と、パワハラ疑惑で異動してきた元エース刑事がペアを組み、助け合い、支え合い、事件に雑務に恋に奮闘するドタバタエンターテインメント。どんな掛け合いを見せてくれるのか、とても楽しみですね。

あの名作が2021年夏にリターン登場!
続編ストーリーに期待大


「緊急取調室」第4シーズン(C)テレビ朝日「緊急取調室」第4シーズン
さらに今期は、過去の人気ドラマが新シーズンとして復活。木曜9時枠には、あの「緊急取調室」が第4シーズンとして帰ってきます。天海祐希さん演じる叩き上げの取調官・真壁有希子を筆頭に、可視化設備の整った特別取調室で取り調べを行う専門チーム=通称・キントリですが、今回は冒頭にて役目終了を言い渡され、「9月末での解散」を宣告されてしまうとか…! かつてないピンチにチーム一丸となって立ち向かっていくと言います。毎話、犯人役と拮抗する演技対決が見どころの本作。どんなゲストが登場するのか、進捗が待ち遠しいですね。

「ボイスII 110緊急指令室」放送決定「ボイスII 110緊急指令室」
そして土曜10時枠には、2019年に放送された続編「ボイスII 110緊急指令室」が登場。ECUを舞台に、刑事たちが声を手掛かりに事件を解決するタイムリミットサスペンス――主人公の刑事・樋口(唐沢寿明)と、どんな微かな音でも聞き分けることができる声紋分析官・ひかり(真木よう子)が強力タッグを組み、助けを求め電話してきた人々を救い出していきます。手に汗握る展開の続きに、注目が集まります。

以上、いかがでしたか? 気になる作品は、是非チェックしてみてくださいね。
《text:Yuki Watanabe》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top