恐怖のパラドックスから抜け出せるのか…『アンテベラム』謎が深まる予告編&場面写真

『ゲット・アウト』『アス』のプロデューサー、ショーン・マッキトリックが放つジャネール・モネイ主演のパラドックス・スリラー『アンテベラム』の公開日が11月5日(金)に決定し、併せて予告編および新たに場面写真が解禁された。

映画 洋画ニュース
『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.
  • 『アンテベラム』(C)2020 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

『ゲット・アウト』『アス』のプロデューサー、ショーン・マッキトリックが放つジャネール・モネイ主演のパラドックス・スリラー『アンテベラム』の公開日が11月5日(金)に決定し、併せて予告編および新たに場面写真が解禁された。

公私共に順風満帆の日々を送っていた女性が突如として奈落の底に突き落とされていく様子と、とある広大なプランテーションの綿花畑で奴隷の身として重労働を強いられている女性のアナザーストーリーが描かれる本作。誰もが意表を突かれる驚きの仕掛けが用意されているパラドックススリラーだ。

グラミー賞候補の常連シンガーでもあるジャネール・モネイが、恐怖のパラドックスからの脱出を図るヴェロニカと、あらゆる自由を剥奪され外界と隔絶した極限状況下に囚われているエデンを1人で演じ分けた。

今回解禁となった予告編は、ジャネール・モネイ演じる主人公ヴェロニカが慈しみの表情を浮かべながら夫・娘と過ごす幸せそうな時間や、講演会場で大勢の聴衆から拍手喝さいを浴びている様子から始まる。ヴェロニカがプライベートも仕事も充実した日々を過ごしていることが見て取れるが、長い廊下の向こう側に一人佇む不気味な少女のカットから雰囲気は一変。

「お前の自由は我々のものだ」というセリフと同時に何者かに襲われるヴェロニカ。次の瞬間、全く異なる舞台に映像は切り替わる。緑溢れる綿花畑で虚ろな目をして立ち尽くす女性エデン。無気力に空を見上げる黒人女性の様子や、汚れた衣服で鎖に繋がれたまま歩かされる黒人女性たち、そして綿花を燃やす黒人男性の様子から、プランテーションで労働を強いられる囚われの身に黒人たちがおかれているようだ。

そして、最後の気力を振り絞るような様子でエデンがこぼす「今夜ここを出ていく(We go, tonight…)」というセリフをきっかけにバイオレンスな描写やヴェロニカの日常の様子、意味深なカットなどがサブリミナル的に交錯し、最後は馬で駆けながら咆哮するエデンの鬼気迫る表情で締めくくられている。

ヴェロニカが襲われた理由は何なのか?、エデンら綿花畑の黒人たちに待つ運命は? そして不気味な少女など散りばめられたカットの意味とは…? 謎が深まる仕上がりとなっている。

併せて本場面写真6点も新たに解禁。薄笑いを浮かべる白人男性(ジャック・ヒューストン)に詰め寄られる黒人女性ジュリア(カーシー・クレモンズ)の様子や、怯えた表情で周辺の様子を伺う黒人男性とエデンの姿は、どこか『ゲット・アウト』を彷彿とさせる。

パラドックスな迷宮のごとき映像世界の果てに、あらゆる思考が吹き飛ぶ衝撃の“真実”とは? 『ゲット・アウト』『アス』を大ヒットに導いたプロデューサーの新作とあって、期待が高まる映像&場面写真となっている。

『アンテベラム』は11月5日(金)より全国にて公開。



《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top