重岡大毅“俊平”の新たな一歩に「たくさんの愛に溢れている」など感動の声多数、井口理の演技も再び賞賛…「#家族募集します」6話

重岡大毅が主演を務める「#家族募集します」の6話が9月3日放送。わけもわからぬまま「にじや」に連れてこられたナオト役の井口理の演技に「自然」と賞賛の声が上がるとともに、重岡さん演じる俊平の“新たな一歩”に感動の声が続出している。

最新ニュース スクープ
「# 家族募集します」第6話(C)TBS
  • 「# 家族募集します」第6話(C)TBS
  • 「# 家族募集します」第6話(C)TBS
  • 「# 家族募集します」第6話(C)TBS
  • 「# 家族募集します」第6話(C)TBS

重岡大毅が主演を務める「#家族募集します」の6話が9月3日放送。わけもわからぬまま「にじや」に連れてこられたナオト役の井口理の演技に「自然」と賞賛の声が上がるとともに、重岡さん演じる俊平の“新たな一歩”に感動の声が続出している。

絵本作家だった妻が海外で死去、シングルファーザーとして5歳の息子・陽を育てる赤城俊平を重岡さんが演じ、性格も価値観もバラバラな男女4人と子ども3人が家族になっていく姿を描く新時代のホームドラマとなる本作。

重岡さんのほか、夫と別居して5歳の娘・雫を育てている小学校教師の桃田礼に木村文乃。俊平の学童時代の幼馴染みで、住み込みで働いているお好み焼き屋の「にじや」をシェアハウス化しようとする小山内蒼介に仲野太賀。シンガーソングライターになるため音楽活動を続けながら、6歳の息子・大地を育てる横瀬めいくに岸井ゆきの。8歳の娘・いつきを預かることになり「にじや」にやってきた黒崎徹に橋本じゅん。

俊平の息子・赤城陽に佐藤遙灯、礼の娘・桃田雫に宮崎莉里沙、めいくの息子・横瀬大地に三浦綺羅、黒崎の娘・いつきに板垣樹。礼に想いを寄せる後輩教師の中里隆志に金子大地。陽が通う保育園で働く保育士・佐山圭太に福山翔大。俊平たちを見守るお好み焼き屋「にじや」の店主・野田銀治に石橋蓮司。俊平の亡き妻・赤城みどりに山本美月といった俳優陣も出演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

礼が正式に離婚を決意したことに影響され、めいくが「恋がしたい!」と言い出す。そんなめいくだが、デリバリーの仕事中にバイト中の音楽仲間・ナオト(井口理)と再会。さらに同じ日にバイト帰りのナオトと再び出くわしたことで、めいくはナオトに対し特別な感情を抱き始め、自分の“恋の相手候補”としてにじやに連れてくる…というのが今回のストーリー。

めいくの音楽仲間として2話から登場しているナオトだが、今回はにじやで俊平たちと食事するシーンや、蒼介、銀治、黒崎らに囲まれ、めいくへの想いを問われる場面などがありセリフも多数。

「井口さん、演技上手くなってない?自然じゃない?すんごいよかったよね!」「井口さんの演技が自然で良すぎて ニヤニヤしながらいつの間にか終わってました」など、井口さんの演技に賞賛の声が上がる。

一方、みどりが遺したボイスレコーダーの声とスケッチブックの絵を見た俊平が働く出版社「エッグプラント」の社長・枕崎(小松和重)は、その声とスケッチをもとにみどりの次の絵本を作ろうと提案。「みどりと共に次の絵本を作るための資料だ」と言って俊平に、ボイスレコーダーとスケッチブックを返却する。そして俊平はみどりと共に暮らした部屋の整理を終えると“もうここに戻ってくる必要はない”と心の中でつぶやき、“これからまた一緒に作ろう、みどりの夢の続きを”と新たな一歩を歩み出す。

「みどりの遺したものを過去からの贈り物として終わらせず、明日へ共に進むメッセージとして受け止める会社のみんなと俊平が、とても素敵だった」「親が子を想う気持ち、子供が親を想う気持ち。真っ直ぐで優しくて温かい。たくさんの愛に溢れているお話。俊平パパが創る絵本が楽しみ」「俊平とみどりの関係が切なくて涙が出ちゃいました。絵本がどんな形で完成するのか楽しみです!」など、このラストにも感動の声が多数寄せられている。

《笠緒》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

関連記事

特集

page top