「ブラジルのトランプ」政権下、高校生たちのラップが紡ぐ闘いのドキュメンタリー公開

ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門2冠、ブラジルのドキュメンタリー映画『これは君の闘争だ』が公開決定

映画 洋画ニュース

2019年、ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門で初公開され、アムネスティ・インターナショナル映画賞と平和映画賞を受賞したブラジルのドキュメンタリー映画、原題『Espero tua(re)volta』(英題:Youe turn)が邦題『これは君の闘争だ』として11月よりシアター・イメージフォーラムにて公開されることが決定した。

2013年6月、ブラジル・サンパウロの路上で公共交通料金賃上げに対する大規模な抗議デモが起きた。初めはバス料金20セントに対する要求だったものが、次第に政治に対する深い嫌悪感のなかで、物価上昇や重税、LGBTQ+や女性の権利、人種差別など、様々な問題に対する抗議へと広がっていくことに。

そして2015年10月、サンパウロの高校生たちが公立学校の予算削減案に抗して自らの学校を占拠し始めた。この運動はブラジル全土を巻き込み、翌月には200以上の学校が占領されるまで発展、ブラジル社会で高校生たちによる大きな変革が起きようとしていた。

しかし、その期待は学校占拠から3年後、ブラジル初の極右政権が成立するとともに裏切られることになる。たび重なる汚職や治安悪化によって、14年間続いた左派政権は群衆の支持を失い、「ブラジルのトランプ」と称されたジャイル・ボルソナロにその座を明け渡したのだった。

本作はそんな激動の2010年代ブラジル社会を学生たちの視点から描いたドキュメンタリー。当事者である3人の高校生が当時の運動を振り返りながら、それぞれの意見をヒップホップ・ミュージックに乗せラップバトルのように衝突させていく。進歩的な公共政策の下で育った最初の世代である彼らが、混迷化し、そして急速に右傾化していくブラジル社会を糾弾していく過程で、学生たちの社会に対する希望と不安とが浮き彫りになっていくーー。

解禁となったビジュアルは、本作の核として声を発信している当事者3人の高校生と、タイトル『これはきみの闘争だ』が力強く打ち出されたもの。

さらに、ブラジル激動の2010年代を学生として生きた彼らの輝かしい表情をとらえた数々の場面写真も到着。

本作は、ベルリン国際映画祭の後も、各国の映画祭で上映を重ね、2019山形国際ドキュメンタリー映画祭にて優秀賞を受賞している。

『これは君の闘争だ』は11月、シアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開。

《text:cinemacafe.net》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top