健太への「はばかりながら」に衝撃走る…木村多江“久美”の怒りには「やってくれると信じてた」の声も「やんごとなき一族」第10話

土屋太鳳&松下洸平共演の「やんごとなき一族」第10話が6月23日放送。健太に対する佐都の想いに視聴者にも衝撃が走るなか、木村多江演じる久美の怒りに「やってくれると信じてた」「そうよこれでなくちゃ」などの反応も寄せられている。

最新ニュース スクープ
「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ
  • 「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ
  • 「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ
  • 「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ
  • 「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ
  • 「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ
  • 「やんごとなき一族」第10話(C)フジテレビ

土屋太鳳&松下洸平共演の「やんごとなき一族」第10話が6月23日放送。健太に対する佐都の想いに視聴者にも衝撃が走るなか、木村多江演じる久美の怒りに「やってくれると信じてた」「そうよこれでなくちゃ」などの反応も寄せられている。

庶民の家庭から上流社会の一家に嫁いだ主人公を土屋さんが演じ、名家のしきたりに苦しめながらも挑み続ける主人公の“アフター・シンデレラ・ストーリー”が展開してきた本作。

自宅で出産することなった篠原佐都を土屋さんが演じるほか、家柄の壁を超えて佐都と結婚した深山健太には松下さん。行方をくらましていたが前回のラストで健太の前に現れた健太の兄・明人に尾上松也。エキセントリックすぎるムーブが毎回話題を呼んでいる明人の妻・美保子に松本若菜。パリピ大学生だったが貿易会社の御曹司と結婚した有沙に馬場ふみか。健太らの母・久美に木村さん。深山家の繁栄が最優先の当主・圭一に石橋凌といったキャストが共演。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

急に産気づいてしまった佐都は深山家のリビングで無事に女の子を出産。病院に移ってのち退院して深山家に戻ると、圭一は赤ちゃんの顔を見ることもなく、早く次に男の子を産めと告げる。そんな圭一と健太は口論になり、そのはずみで健太は頭部を打ってしまう。その後、健太は記憶喪失になってしまう…というのが10話の展開。

記憶喪失になり、深山家の跡取りになれる自信がないと言う健太に、圭一はトップに立つためには孤独に慣れることが必要だと告げる。「どんなに人から嫌われようと恐れられようと、家を守るためなら、それを甘んじて受け入れること」と語る圭一は、明人は自分を恐れていると、明人ではなく健太を跡取りに選んだ理由を明かす。

「重圧、孤独に耐えてたのか」「圭一はずっと深山の呪縛に囚われている可哀想な人」「彼もまた深山の宿命に沢山悩んで孤独に苦しんできたんだな」など、圭一の“本音”に視聴者も反応。一方で「健太さんが記憶喪失なのをいいことに深山家次期当主と洗脳しようとしてるな」と危機感を感じる声も。

その予想通り、圭一の言葉に影響を受けた健太は、佐都に深山家のしきたりを守るよう伝える。そんな健太に対し佐都は「はばかりながら申し上げます…」と切り出し、自分は“今の健太”の妻ではないと告げ、「もう一緒にいられないね。別れましょう」と深山家を後にする…。

「まさか佐都が「憚りながら」を健太に言うなんて…」「健太にはばかりながら申し上げる日が来るとは…」「「はばかりながら」砲が健太に対しても放たれるとは」と視聴者の間にも衝撃が走るなか、佐都が深山家を出ていったことを知った久美もまた衝撃を受け、そこに圭一が「あんな女の代わりなんていくらでもいる」と口にしたことで、ついに久美の怒りが限界を超えることに…。

このラストに「久美さんは自分のことでは何とか耐え忍んできたのに、佐都が出てくことには耐えきれない。久美さんにとってもう佐都は代えがたい家族で心強い味方なんだな」「久美さんにとって佐都がどれほど大きな存在になってたかわかって辛い」といった声とともに、「木村多江が耐え忍んでるだけなんてないないっ!!!やってくれると信じてたよ」「満を持してのお義母さん@木村多江の登場だよ。最後の最後でブチギレてくれた~っ!!!そうよそうよこれでなくちゃ」など、木村さんの“怒り”の演技に期待する視聴者からの投稿も多数SNSに寄せられている。

【第11話あらすじ】
万野誠(石黒賢)と手を組んだ明人は深山家そのものを潰してしまおうと考える。深山家を出ていった佐都は実家の「まんぷく屋」を手伝っていたが、そこに久美が訪ねてきて謝罪。さらに美保子もやってきて深山家の存続に関わる重大な問題を佐都に伝える。その裏で明人の計画が実行に移され、深山グループに経営破綻の危機が訪れて…。

「やんごとなき一族」は毎週木曜22時~フジテレビ系にて放送中。


やんごとなき一族(11) (Kissコミックス)
¥550
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《笠緒》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top