『アバター』特別版が2週間限定公開!最新作『ウェイ・オブ・ウォーター』公開前に再上映

12月公開の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の前作『アバター』が9月23日(金・祝)より2週間限定公開されることが決定した。

映画 洋画ニュース
『アバター』(C) 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 『アバター』(C) 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 『アバター』(C) 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 『アバター』(C) 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 『アバター』(C) 2022 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(C) 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

12月公開の『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の前作『アバター』が9月23日(金・祝)より2週間限定公開されることが決定した。


>>『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』あらすじ&キャストはこちら

ジェームズ・キャメロン監督自身の『タイタニック』(97)そして、あの『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)も上回る全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた革命的超大作『アバター』(09)。その続編となる本作は、映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロンが13年間心血を注ぎ作り上げた。

最新作の公開を期に世界中で再上映を要望する声が殺到する中、多くのファンの期待に応え、前作『アバター』が進化した3D映像で一新され、なおかつ重要なシーンが追加された特別版としてスクリーンに帰ってくる。9月23日(金・祝)より10月6日(木)までの2週間限定で全国約200館のプレミア・ラージ・フォーマット含む3Dスクリーンでの上映となる。

2009年当時、ジェームズ・キャメロンは独自の革新的な3Dカメラを開発し、ほかの3D作品とは比較にならない驚異的なクオリティを実現。神秘の星パンドラの森を舞台に、「浮き出る」よりも「奥行き」のある3Dで“そこいるかのような”を究極の映像世界へと誘った。

『アバター』は社会現象となり、全世界で爆発的大ヒットを記録。それまで全世界歴代興行収入第1位であった監督自身の作品『タイタニック』(97)の記録を自ら塗り替えるという偉業を達成した。そして、2019年、『アベンジャーズ/エンドゲーム』が自身の記録を更新した際にキャメロン監督はマーベル・スタジオに祝福のメッセージを贈り、「(劇場体験に)希望を感じました」と心境を語るなど、自分の記録よりも“映画”の新しい可能性を開拓し続けている。“映像の神”ジェームズ・キャメロンが作り上げた世界を再び堪能できるまたとないチャンスとなりそうだ。

ちなみに、『アバター』は2021年、中国での再上映でふたたび世界No.1に返り咲いている。

『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は12月16日(金)より全国にて公開。
『アバター』は9月23日(金・祝)より10月6日(木)までの2週間限定公開、ディズニープラスで配信中。


Disney+公式サイトはこちら
2021 AirPods(第3世代)
¥26,677
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top