「貴重な醤油とマヨネーズが減っていって…」麻生久美子、イラン撮影は食事が大変 1枚目の写真・画像

ゲーテにも影響を与えたと言われる実在の詩人・ハーフェズ。イランの鬼才、アボルファズル・ジャリリ監督が、そのハーフェズの詩句にインスパイアされて製作した真実の愛の物語『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』が1月19日(土)に初日を迎えた。イラン版「ロミオとジュリエット」とも言われる本作のヒロインに抜擢されたのは『CASSHERN』や『アイデン&ティティ』の麻生久美子。本作が初の海外作品となった麻生さん、コーディネーター兼通訳を担当したショーレ・ゴルパリアンが初日舞台挨拶に登壇した。

最新ニュース
『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』初日舞台挨拶にて(左から)麻生久美子、ショーレ・ゴルパリアン
『ハーフェズ ペルシャの詩(うた)』初日舞台挨拶にて(左から)麻生久美子、ショーレ・ゴルパリアン

編集部おすすめの記事

特集

page top