短編 『たまには、大きな声で』作品情報

2020年 公開の映画作品

あらすじ

アマチュアのシンガーソングライターの大石慶子はスランプだ。新曲も書けず、歌声もよくない。そんな彼女のスランプを、【彼】はよく実感していた。それはこれまで【彼】が慶子のサウンドを裏方として作り上げてきたからだ。慶子は東京の事務所に所属することが決まっている。全力で応援したいと思っている【彼】は、慶子の最近の腑抜け具合に落胆していた。その態度の理由も【彼】には想像がついていた、「慶子はおれに甘えている」「おれの存在が慶子の足を引っ張っている」。慶子は、突然【彼】から別れを言い渡される。慶子は、友人からも音楽に気持ちが入っていないことを注意されていた。「このままではいけない」と気持ちを新たに、曲作りに取り掛かる。東京に向かう数日前、慶子は地元で最後のライブを開く。新曲には「もう、ひとりで大丈夫。ひとりで歩いていける」と言うメッセージを込めた。それはけじめだった。安心させたい人たちがいた。ライブハウスの一番奥には【彼】の姿。【彼】は慶子の思いを受け止めていた。ライブを終えた慶子は、未来に眼差しを向けていた。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

柴山健次

キャスト

  • 村田寛奈大石慶子

作品データ

  • 2020年春頃公開予定
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国日本
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top