第66回ヴェネチア国際映画祭 [映画祭]

ナタリー・ポートマンがダークサイドに? 主演作がヴェネチアでオープニング上映決定 画像

ナタリー・ポートマンがダークサイドに? 主演作がヴェネチアでオープニング上映決定

ナタリー・ポートマンを主演に迎えた映画『ブラック・スワン』(仮題)が9月1日よりイタリアで開催されるヴェネチア国際映画祭のオープニングで上映されることが決定した。

清水崇、アジア代表でヴェネチア入り ジャパニーズ3Dホラーに1,000人驚愕! 画像

清水崇、アジア代表でヴェネチア入り ジャパニーズ3Dホラーに1,000人驚愕!

現地時間の12日に無事、幕を閉じたヴェネチア国際映画祭。今年もハリウッドからも数々のスターが登場し連日賑わいを見せたが、映画祭終盤の11日、今年新設された注目の部門「3Dアワード」の授賞式が行われ、ジャパニーズ・ホラーの旗手・清水崇監督がアジア映画史上初のデジタル3D長編に挑んだ新作『戦慄迷宮3D』を引っさげ登場、錚々たる監督たちの作品と並び“来年最も期待される1本”との名誉を授かった。

続報! ニコラス・ケイジ主演作をめぐる米独の監督2人のバトルのゆくえ 画像

続報! ニコラス・ケイジ主演作をめぐる米独の監督2人のバトルのゆくえ

今年のヴェネチア国際映画祭のサプライズのひとつは、コンペティション部門に同じ監督の作品が2本エントリーされたこと。その監督はドイツの名匠、ヴェルナー・ヘルツォークで、『Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans』(原題)と『My Son, My Son, What Have Ye Done?』(原題)の2本を出品しているが、前者がちょっとした物議を醸している。

M・ムーアの経済ドキュメンタリーがヴェネチアを席巻! 上映後10分間観客総立ち 画像

M・ムーアの経済ドキュメンタリーがヴェネチアを席巻! 上映後10分間観客総立ち

新作を発表するごとに、その鋭い社会批評とユーモアで波紋を投げかけるマイケル・ムーア監督。昨年9月の「リーマン・ショック」に端を発したウォール街の金融危機と世界同時不況の真実に切り込んだ最新作『Capitalism: A Love Story』(原題)が第66回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門においてワールドプレミアとして世界で初めて上映された。上映中、様々な場面で拍手や大きな笑いがわき起こるなど、観客の反応はおおむね好意的。上映後には10分以上ものスタンディングオベーションが! ムーア監督は会場のバルコニーから身を乗り出し、満員の客席に向かって感謝の言葉を繰り返した。

ジョージ・クルーニー、恋人についての質問にCMのキメ台詞で切り返し! 画像

ジョージ・クルーニー、恋人についての質問にCMのキメ台詞で切り返し!

開催中の第66回ヴェネチア映画祭は、今年もハリウッド・スターで大賑わい。前日のマット・デイモンに続いて、8日にはジョージ・クルーニーが最新作『The Men Who Stare at Goats』(原題)の上映に、グラント・ヘスロフ監督、共演のユアン・マクレガーと出席した。

マット・デイモン、主演するソダーバーグ監督の新作を携えてヴェネチア映画祭に登場! 画像

マット・デイモン、主演するソダーバーグ監督の新作を携えてヴェネチア映画祭に登場!

2日から開催中の第66回ヴェネチア国際映画祭。7日夜にスティーヴン・ソダーバーグ監督の最新作『The Informant!』(原題)が上映され、主演のマット・デイモンが監督やプロデューサーらとともにレッド・カーペットに登場した。

ニコラス・ケイジ&エヴァ・メンデス、波紋を呼ぶ一作を引っさげヴェネチア入り 画像

ニコラス・ケイジ&エヴァ・メンデス、波紋を呼ぶ一作を引っさげヴェネチア入り

先日より開催中のヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されているニコラス・ケイジ主演の最新作『Bad Lieutenant: Port of Call New Orleans』の記者会見が9月4日(現地時間)に行われ、現地入りしていたヴェルナー・ヘルツォーク監督とケイジ、そして共演のエヴァ・メンデスらが出席した。

M・ムーア、ヴェネチアに殴りこみ! ドキュメンタリー作品初のコンペ部門出品 画像

M・ムーア、ヴェネチアに殴りこみ! ドキュメンタリー作品初のコンペ部門出品

銃規制やイラク戦争、医療問題などアメリカにはびこる社会問題に独自の視点で切り込み、世界的な反響を呼んできた、ドキュメンタリー界の暴れん坊監督、マイケル・ムーア。そんな彼が“経済問題”をテーマに描いた最新作『Capitalism: A Love Story』(原題)が、9月に開催される第66回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、ならびに2009年トロント国際映画祭特別上映に正式出品されることが決定。ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門にドキュメンタリー作品が出品されるのは初の快挙となった。

塚本晋也最新作、ヴェネチア国際映画祭出品決定 初コンペ出品の快挙! 画像

塚本晋也最新作、ヴェネチア国際映画祭出品決定 初コンペ出品の快挙!

国内外で数多くのファンを持つ塚本晋也が、誕生から20周年を迎えた自身の世界的代表作『鉄男』('89)の21世紀版として、満を持して贈る『TETSUO THE BULLET MAN』。先日、米サンディエゴで開催された「Comic-Con(コミコン)2009」で早くも多くの注目を集めた本作が、9月2日(現地時間)から開催される第66回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門へ正式出品することが決定した。

    Page 1 of 1
    page top