TEST09

特集/提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

1941年にディズニー・アニメーションとして誕生した『ダンボ』が、『チャーリーとチョコレート工場』などで知られる、ティム・バートン監督によって実写映画化された。大きな耳を羽ばたかせファンタジックに空を飛ぶ姿には、奇跡を信じたくなる希望のメッセージが詰まっている。

ディズニーが誇る不朽の名作が、
ティム・バートンの手で進化を遂げる!

世代を超え、愛され続けているディズニーの名作アニメーション『ダンボ』が、新たな物語として生まれ変わる! 大きすぎる耳を持ったダンボは、サーカス団の笑いものだったが、耳を翼にして飛べると発見されてから注目の的に。しかし「空飛ぶ子象」の噂を聞きつけた興行師により、母象と引き離されてしまう。そこで、サーカス団の仲間たちが、ダンボの母の救出のため心をひとつにして動き出す。

実写版ダンボの姿は、オリジナルに引けを取らないほどキュートで愛らしい。躍動的に輝く丸く優しい瞳には吸い込まれそうだし、哀しい鳴き声には胸を締め付けられる。さらには、鬼才バートン監督が大きすぎる耳という個性を唯一無二の武器として輝かせた。 これまでも、両手が鋏の人造人間による恋物語『シザーハンズ』や、謎に満ちたウィリー・ウォンカのお菓子工場を舞台にした『チャーリーとチョコレート工場』など、人とは異なる個性を自分の強みにするキャラクターを魅力的に描いてきたバートン監督。本作でも個性の素晴らしさを訴え、愛をもって観客を魅了してくれる。

ひとつの家族とサーカスの団員たち…
映画オリジナルキャラクターたちの活躍に注目

主人公はもちろんダンボ。さらにティム・バートンが手がけた実写版ではそれぞれのストーリーを抱えたオリジナルキャラクターたちが『ダンボ』の物語に圧倒的な厚みを持たせる。

注目は、ダンボの世話係を務めるサーカスの元看板スター役のコリン・ファレル。コリンといえば、「世界で最もセクシーな男」にランクインされるなどイケメン俳優として名高いが、本作ではふたりの子供を持つ父となり、馬を乗りこなす勇ましい姿も披露!さらに様々な悩みを抱える姿もセクシーに演じきり、バートン組初参戦にして、存在感を発揮。

『ダーク・シャドウ』、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』に続きバートン作品に出演することになったエヴァ・グリーンは、ダンボと一緒に空を舞う空中ブランコの女王コレットを担当。魅惑的な美しさはもちろん、彼女もまたダンボの勇気に触発され、変化していく人物を好演する。 また、ダンボを支える心優しい子どもたちや、世界中から優れた曲芸師を集めたという本格的なサーカス劇団員たちの活躍も見逃せない!





Special座談会!

あなたの“個性”は武器になる!
そのままの自分を出すことで、道は開ける!


個性とカリスマ性で周囲を魅了するドラァグクイーンの
ナジャ・グランディーバさん、ドリュー・バリネコさん、バビ江ノビッチさんを特別ゲストに迎え、座談会を実施!
映画『ダンボ』の魅力や、「個性」について語ってもらいました。

『ダンボ』を御覧になって、いかがでしたか?

ドリュー:アニメーションを昔観たんですけど、実写では、よりエンターテインメント性が上がっていた気がしました。ダンボを取り巻く人間関係、家族愛が濃く描かれていたから、話が膨らんでいた感じ。

バビ江:そうそう。耳が大きいことや、はぐれ者にフォーカスが当たっている骨組みはアニメーションと同じなんだけど、肉付けが全く変わっていてね。すごく新しいなと思いました。ダンボはしゃべらないんだけど、瞳で訴えるから。

ナジャ:ブルーのすごくつぶらな瞳やねんなあ。瞳の表情だけでものを言うから、食い入るように観てしまった。あと、ダンボのまつ毛、あたしらのまつ毛より長かったわ(笑)。チャーミングやわあ、ダンボに負けたわ(笑)。

ストーリーからは、どのようなメッセージを受け取りましたか?

ドリュー:ダンボは最初笑われていたけど、大きな耳を武器にして羽ばたくじゃないですか。コンプレックスに思っている個性だって、「とりあえず自分自身が好きになってあげて、出していけばいいじゃん」と思えましたね。

ナジャ:同じで「個性こそ武器」やと思った。人とは違う自分の部分をちょっとでも見せれば、賛同して「いいやん」と認めてくれる人が必ずいてくれる。

バビ江:目を背けがちなところを、よーく自分で観察してみたら魅力みたいなものが見つかるんじゃないのかしら。

ナジャ:「コンプレックスや」と思っているのが、結局「自分だけでっせ」ってことかもね。

バビ江:そうね。ダンボの羽の暗示のように、羽がないと飛べないと思い込んでいるのは己だけで「羽なんか無くても飛べるよ」っていうことよ。



人とは違うところを自分の魅力だと捉えるマインドになるには、どうすればいいですか?

ナジャ:ダンボもそうやけど、結局周りがちょっと押してくれているよね。自分が「これ、どうかな…」と思っていても、ちょっと誰かが褒めてくれる後押しがあって、自信が持てるのはあるかも。

バビ江:あたしたちは女装をしているけど、最初は何となく始めてみた感じだったの。周りが「あんた、面白いね」「キレイだね」とか言ってくれたから、こうやって何十年も続けられているのは、あるかもしれない。

ナジャ:初めてゲイの世界に飛び込んだとき、奥二重みたいな顔がモテていて、あたしのようなくっきり二重は需要がなかってん。「整形したい、一重にしたい」と考えた頃もあったぐらいやねんけど、「女装したら絶対キレイになると思う」と周りの人が言ってくれて、「じゃあ…」とやったら、思いの外キレイかった。そういうのがあるんですよ。

ドリュー:自分でキレイって言った(笑)。他人の一言で少し自信を持てれば、嫌だと思っていたことが実は武器になった、というのはあるかもね。

ナジャ:あと、好きなものに突き進んで極められれば、最終的に周りも「すげえな…」ってなると思うねんけどな。「好き」と言うからには、そこまでせなあかんと思う。

バビ江:田舎にいた思春期の頃って、そういうのを突き詰めるしかなかったよね。ゲイであることも言えないし、周りの友達と趣味も違うし…。

ナジャ:そうね。あたしも田舎でスーパーモデルが大好きやったけど、周りの男の子たちは、わかってくれへんからがっかりしたもん。けど、この世界に飛び込むと、同じスーパーモデルの話をしてる人がボンボンいたりして。やっぱり出るとこに出れば出会いもあるんやなって思ったし。

バビ江:田舎で孤独に過ごした時間が、豊かな今を与えてくれてるのかもしれないわね。『ダンボ』でも、団員さんのモチベーションが前半と後半で大きく違ったじゃない?「ここしか居場所がない」と言っていたところから、「ここが居場所だ」「ここで生きていくんだ」とポジティブに変わっていった。

ドリュー:団結もしていたしね。私も「居場所が見つかった」というか、楽になったって感じだった。今、楽しいしね。

特にどんな方に観ていただきたいと思いますか?

ドリュー:大人が楽しめるから、全世代って言いたいところだけど…どう?

バビ江:あたしはね、今どきのアイドルの髪形を真似して、耳を隠している女の子に観てほしい。

ドリュー:どういうこと?

バビ江:今どきの女の子は「小顔に見せたい」とかで、フェイスラインとかをやたら隠したがるのよ。そういう子には、いつも「隠そうとすればするほど、大きく見えるから出したほうがいい」って言うの。コンプレックスの集大成みたいなところだと思うけど、そう思っているのは本人だけで、実際は別に大きくないからさ。

ナジャ:そういう意味では、アプリでめっちゃ顔を加工する女の子も見るべきやね!あなたは「そのままでいい」って伝えたいね。




ナジャ・グランディーバ
大阪在住のドラァグクイーン。毒舌を言わない「のんびりオネエ」として、関西を中心に活動中。

NTV「おためしポシュレちゃん」、TOKYO MX「バラいろダンディ」、福岡放送「クロ女子白書」など多数出演中。4月から毎日放送「ちちんぷいぷい」の隔週月曜レギュラーにも抜擢。
ドリュー・バリネコ
2012 年頃より東京新宿二丁目を中心に活躍する、ドラァグクィーンの 1人。

女性雑誌などを通じ女性層へ生き方のアドバイスを行っている。韓国音楽や日本芸能ゴシップ、ドラマなどの情報にたけている。Campy!ガールズに所属し、新宿二丁目 Campy!bar のフロアレディーを担当している。
バビ江ノビッチ
空を飛んだり火を吹いたり、1人移動遊園地のようなショウスタイルのDRAGQUEEN。

アングラからメジャーまで日本全国津々浦々神出鬼没、新宿2丁目marohigeのマダムとしても活躍中。
『ダンボ』
『ダンボ』

ディズニーとティム・バートン監督が新たな「ダンボ」の物語を実写映画化。“大きすぎる耳”を持つ子象のダンボはサーカス団の笑いものだったが、やがてその大きな耳を翼にして空を飛べることに気づく。コンプレックスを強さに変えたダンボは、引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出す!

監督:ティム・バートン
出演:コリン・ファレル、エヴァ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、ニコ・パーカー、フィンリー・ホビンス

2019年3月29日より全国にて公開
© 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
【シネマ羅針盤】ダンボのように“気持ちが羽ばたく”…バートン監督、仕事の流儀は「楽しむこと」 画像
最新ニュース

【シネマ羅針盤】ダンボのように“気持ちが羽ばたく”…バートン監督、仕事の流儀は「楽しむこと」

想像×創造のマジックで数々の名作を送り出すティム・バートン監督。最新作『ダンボ』を引っさげ、来日した鬼才に話を聞いた。

西島秀俊は家族に「支えられるタイプ」『ダンボ』キーパーソンとの共通点明かす 画像
映画

西島秀俊は家族に「支えられるタイプ」『ダンボ』キーパーソンとの共通点明かす

ティム・バートン監督作『ダンボ』で、ダンボの運命を握るキーパーソン・ホルトの日本語吹き替え版声優を務める俳優・西島秀俊が、演じたホルトと自身との共通点を明かした。

ティム・バートン監督&コリン・ファレル、『ダンボ』の魅力を熱弁!西島秀俊とも対面 画像
最新ニュース

ティム・バートン監督&コリン・ファレル、『ダンボ』の魅力を熱弁!西島秀俊とも対面

ディズニーアニメの名作を実写映画化した『ダンボ』のジャパンプレミアが3月14日(木)、都内で行われ、ティム・バートン監督と出演者のコリン・ファレルが出席した。

コリン・ファレル&エヴァ・グリーンら集結!『ダンボ』ワールドプレミア開催 画像
最新ニュース

コリン・ファレル&エヴァ・グリーンら集結!『ダンボ』ワールドプレミア開催

ティム・バートン監督が実写映画化した『ダンボ』のワールドプレミアが行われ、コリン・ファレル、マイケル・キートン、ダニー・デヴィート、エヴァ・グリーンら豪華キャストが集結した。

竹内まりや、『ダンボ』日本版エンドソングに決定!山下達郎もコーラス参加 画像
映画

竹内まりや、『ダンボ』日本版エンドソングに決定!山下達郎もコーラス参加

竹内まりやが『ダンボ』の日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を担当することが決定。

又吉直樹、ティム・バートン監督に「作品に出してください」切ない思い出を語る 画像
最新ニュース

又吉直樹、ティム・バートン監督に「作品に出してください」切ない思い出を語る

ディズニーとティム・バートン監督が実写化を手掛けた映画『ダンボ』公開記念スペシャルトークイベントが2月28日(木)、秋葉原UDXシアターにて行われ、又吉直樹(「ピース」) 、池田美優がバートン愛を語り合った。

コリン・ファレル、14年ぶりの来日! ティム・バートン監督と『ダンボ』プレミアに参加へ 画像
映画

コリン・ファレル、14年ぶりの来日! ティム・バートン監督と『ダンボ』プレミアに参加へ

『ダンボ』の公開に先駆け、監督のティム・バートンとホルト役のコリン・ファレルが来日することが分かった。

ティム・バートンが個性豊かなキャラクターを描き続ける理由とは?『ダンボ』 画像
映画

ティム・バートンが個性豊かなキャラクターを描き続ける理由とは?『ダンボ』

実写映画『ダンボ』をはじめ、個性溢れる魅力的なキャラクターを描き続けるティム・バートン監督が、作品に込めるメッセージに隠された自身の幼少期の経験を明かした。

西島秀俊、実写版『ダンボ』でハリウッド声優初挑戦!井上和彦&沢城みゆきも参加へ 画像
映画

西島秀俊、実写版『ダンボ』でハリウッド声優初挑戦!井上和彦&沢城みゆきも参加へ

俳優・西島秀俊が『ダンボ』でハリウッド声優に初挑戦することが分かった。

『ダンボ』の物語を動かす!コリン・ファレル&マイケル・キートンら個性強めなキャラたち 画像
映画

『ダンボ』の物語を動かす!コリン・ファレル&マイケル・キートンら個性強めなキャラたち

ディズニーとティム・バートン監督がタッグを組んだ実写映画『ダンボ』から、“大きすぎる耳”を持つダンボと、ダンボを取り巻く個性豊かなキャラクターが勢ぞろいしたキャラクタービジュアルが解禁

    Page 1 of 1
    page top