TEST09

スカイウォーカー家の物語を描く——スター・ウォーズ完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』12月20日より全国にて公開

© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画の枠を超えた、“伝説”と呼べる史上空前のエンターテイメントが幕を下ろす『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』。銀河を巻き込み、壮大なスケールで紡がれてきたスカイウォーカー家の愛と喪失の物語は、本作をもってついに完結。ジェダイ騎士ルーク・スカイウォーカーの思いを受け継ぎ、類まれなるフォースを覚醒させたレイ。暗黒卿ダース・ベイダーとなったアナキン・スカイウォーカー、その息子ルークと双子の妹レイア、そしてレイアとハン・ソロの息子でありながらファースト・オーダーに君臨するカイロ・レン。2人を軸にした“光と闇の戦い”にも決着がつくことになる。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

『最後のジェダイ』で見せたレイとカイロ・レンのフォースを通じたつながりや各々の心の揺れは、本作でも大きな鍵となるはず。それぞれが青と赤のライトセーバーを手にして対峙するシーンは、決戦の場となることだろう。とはいえ、そもそもタイトルの“スカイウォーカーの夜明け”とは何を意味するのか、その血筋であるカイロ・レンがベン・ソロとして光を取り戻すことなのか、それとも、レイの出自が何か関係しているのかなどはヴェールに包まれたまま。何より気になるのは、スカイウォーカー家の歴史の裏で暗躍してきたシスの暗黒卿パルパティーンの存在だ。また、彼らを待ち受ける戦いに、本作で再登場するランド・カルリジアンや新キャラクターたちがどう関わってくるのかも見逃せない。

最終予告編でのルークとレイアの「May the Force be with you. Always」(フォースと共に どんなときも)に胸を熱くしているファンも多い中、『フォースの覚醒』で期待以上のものを観せてくれたJ.J.エイブラムスが再びメガホンをとる本作。“伝説”は、どのような結末を迎えるのか。監督やキャストたちの来日インタビューや前作までの見どころをチェックしてみてほしい。

INFO

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

STAFF
脚本・監督・製作:J.J.エイブラムス
脚本:クリス・テリオ
製作:キャスリーン・ケネディ/ミシェル・レイワン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
衣装:マイケル・カプラン
CAST
デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、ビリー・ディー・ウィリアムズ、ルピタ・ニョンゴ、ドーナル・グリーソン、ケリー・マリー・トラン、ヨーナス・スオタモ、アンソニー・ダニエルズ、ビリー・ラード、ケリー・ラッセル、ナオミ・アッキー、リチャード・E.グラント

12月20日(金)より全国にて公開

© 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

    Page 1 of 1
    page top