『夜のピクニック』恩田陸、長澤雅彦監督、多部未華子、石田卓也舞台挨拶

最新ニュース

『夜のピクニック』恩田陸、長澤雅彦監督、多部未華子、石田卓也舞台挨拶メイン
  • 『夜のピクニック』恩田陸、長澤雅彦監督、多部未華子、石田卓也舞台挨拶メイン
全国の本屋さんが一番お客様に薦めたい本として「第2回本屋大賞」を受賞した恩田陸原作『夜のピクニック』が映画化されるに伴い、書店の方々へのお礼とヒットに向けての応援のお願いを込め、6月28日、書店向け舞台挨拶付き試写会行われた。登壇者は、恩田陸、長澤雅彦監督、多部未華子、石田卓也の4名。

原作者である恩田さんは母校が撮影に使われた事に喜び、キャストが自分のイメージにぴったりだと絶賛。また一日一回は本屋に足を運ぶほど本屋好き、という長澤雅彦監督は原作の大ファンで、「本を読み終わった後の気持ちを映画を見た後にも味わって貰いたい」と語った。

また、貴子役の多部未華子さんの提案で、キャストはなんと60キロをリハーサルで実際に歩いたというエピソードも明かされた。そこで実際歩く事の大変さ、そしてキャスト同士の友情が生まれたことが一番の収穫だったそう。西脇融役の石田卓也さんは「あまりのハードさにその提案を途中で恨みました…でも実際の気持ちを感じられて良かった」と場内を笑いに包んだ。

『夜のピクニック』は今秋丸の内プラゼール、ほか全国松竹・東急系にて公開。
《text:cinemacafe.net》
page top