『薬指の標本』レビュー

最新ニュース

『薬指の標本』メイン
  • 『薬指の標本』メイン
  • 『薬指の標本』 サブ3
  • 『薬指の標本』 サブ2
あまりにも思い出がありすぎて身近に置いておくのがつらい物って、誰にでもひとつぐらいありますよね。この映画の舞台となる標本室は、そんな思い出を標本にして保存してくれるちょっと変わった場所です。元恋人がプレゼントしてくれた曲、文鳥の骨、ヤケド痕……と、標本にする物は人によって様々だけれど、標本にすることで思い出から解放されるというその心理は風変わりなのに何故か共感できてしまう。そして、標本技術士とラボで働く少女イリスのひそやかで奇妙な愛がこれまた美しい。ヒロインのイリスを演じるのはエル、フィガロ、マリクレールなどの一流ファッション誌の表紙を飾る国際的モデルのオルガ・キュリレンコ。これが女優デビュー作でありながらも小川洋子(原作)の世界観にいとも簡単に入り込み、恋に落ちていく女の内面を妖艶に演じています(ヌードシーンがとっても綺麗!)。

また、「毎日履いて欲しい」と技術士からプレゼントされる靴がイリスの足に馴染むにつれ彼に夢中になっていくという、恋愛と靴の関係性を描いている点も面白い。昔の恋を忘れられない人、思い出にしたい過去がある人に特におすすめしたい映画です。

《text:Rie Shintani》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top