『スキャナー・ダークリー』レビュー

最新ニュース

スキャナー・ダークリー メイン
  • スキャナー・ダークリー メイン
  • 『スキャナー・ダークリー』 サブ1
  • 『スキャナー・ダークリー』 サブ2
なんとも不思議な感覚に満ちた映像のラッシュにKO寸前だ。『ブレードランナー』の原作者、フィリップ・K・ディックが手がけた近未来が舞台のドラッグ・ストーリー。新種の薬物“D”の中毒者たちの数奇な運命を描いているのだが、実写ともアニメともつかない、登場人物の異質な肌ざわりがクセになりそうな映像は、おそらく大きな反響を呼ぶだろう。

麻薬捜査官役のキアヌ・リーブスをはじめ、ロバート・ダウニーJr.、ウィノナ・ライダー、ウディ・ハレルソンらクセ者キャラたちが、アメコミテイストのタッチながら不安定な輪郭にふちどられ、ユラユラと揺れて映し出される。これは“ロトスコープ”という手法で、実際の人物の動きをフレーム単位でアニメーションに変換するというもの。まさに中毒者が幻覚を見ているような、時空がねじ曲がったような雰囲気作りに成功している。ドラッグというテーマを扱うとき、合致する映像手法はこれしかないかもしれない。それぐらいエポックメイキングな作風と言えるだろう。そしてなんといっても、表面に数々の人間が浮かんでは消えていく、捜査官たちが身分を隠すために着用するスクランブルスーツも要チェック。

《text:Shin Kumagai》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top