トム・クルーズ新作撮影が波乱含みでスタート

最新ニュース

7月22日L.A.で開催されたベッカム夫妻のウェルカム・パーティにて (C) AFLO
  • 7月22日L.A.で開催されたベッカム夫妻のウェルカム・パーティにて (C) AFLO
トム・クルーズは現在、ドイツのベルリンで最新作『Valkyrie』(原題)を撮影中。第二次世界大戦中に企てられたアドルフ・ヒトラーの暗殺計画を描く作品で、トムは首謀者のクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐を演じているが、実は7月18日のクランクイン直前までトラブル続きだった。

まずは6月25日、ドイツ国防省が国内の軍事施設での撮影を認めないと発表。理由は、ドイツ政府が宗教と認めていないサイエントロジーをトムが信仰しているから。7月3日には財務省も歴史的建造物での撮影にノーをつきつけた。

トム側は、信仰と映画の内容は無関係と強調し、「撮影地にドイツ以外の場所は考えられない」と訴えたところ、5日に事態が一変。ドイツ連邦映画基金から650万ドルの資金援助が決まり、撮影にもゴー・サインが。ひと安心のトムは22日に一時帰国、ロサンゼルスでデヴィッド・ベッカムのウェルカム・パーティのホストを務めていた。



7月22日にロサンゼルスで開かれたデヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムのウェルカム・パーティにて。このパーティには、ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット・スミス夫妻、ブルック・シールズ、デミ・ムーア&アシュトン・カッチャー、デヴィッドが所属するL.A.ギャラクシーのメンバーなどが招待された。

© AFLO
《text:Yuki Tominaga》

特集

page top