ピュアなガッキーに、凛子「“女性ってかわいらしくあるべきなんだ”って学びました」

最新ニュース

『恋するマドリ』完成披露試写会(左から)新垣結衣、菊地凛子
  • 『恋するマドリ』完成披露試写会(左から)新垣結衣、菊地凛子
  • 映画初主演、歌手デビューを果たした“ガッキー”こと新垣結衣
  • 「女性として、とても憧れる存在です」と言われて喜ぶ菊地凛子
都会の中では日常的に見られる引越し。“隣の人に一度も会ったことがない”なんてよくあること。でも、もし偶然が重なってその引越しが運命の出逢いを運んでくれたら…。都会に暮らす男女3人が引越しをきっかけに出逢い、やがて心を通わせることで新たな自分を見つけていく『恋するマドリ』。8月18日(土)の本作の全国公開に先駆けて、8月2日(木)に完成披露試写会が開催され、新垣結衣、菊地凛子、大九明子監督を迎えての舞台挨拶が行われた。

初めての一人暮らしを始める、美大生のユイを演じた新垣さんは、「今日は観に来てくださってありがとうございます。楽しんで、にっこりしながら撮影した作品なので、ぜひ楽しんでもらえたらなと思います」と挨拶。菊地さんとの共演については「(『バべル』のアカデミー賞ノミネートの報道で)凛子さんをテレビのワイドショーでよく見ていました。私は結構人見知りしてしまうので、話せるかな、どうしよう? と不安でした。実際に会うと気さくな方で、気兼ねなくお話させてくださいました」とコメントした。『恋するマドリ』で映画初主演を果たしたことについては、「主演だろうとそうじゃなかろうと、やることは一緒(笑)。上手く芝居をして、いいものを(演じて)見せるのは、主演でもそうじゃなくても同じだと思ってます」と、女優魂を感じさせた。

さらに本作のエンディングテーマ「メモリーズ」で、記念すべき歌手デビューも果たしことについては「すごく恥ずかしいです。恥ずかしいんですけど、スクリーンでエンディングを観て、この作品の雰囲気と合っているなと感じて、それは満足です。…けど、やっぱり恥ずかしい(笑)」と話し、初めてのレコーディングについては「すごく緊張しました。『メモリーズ』のレコーディングの前に別の歌を収録したのですが、全然上手くいかなくて、悔しくて泣いてしまいました」とのこと。しかし、次の「メモリーズ」の収録では「泣いてすっきりしてから歌ったので、それが良かったのか、気持ちよく歌えました。本当に歌って、気持ちに関わってくるんだなぁと思いました」と、歌手デビューの裏話を明かしてくれた。

ユイが憧れる女性・アツコを演じた菊地さん。「女性って結構強がっているところがあって、そして自分より年下の子には見せたくない弱みの部分があったりする。彼女(アツコ)のそういった弱さは、普通の人の弱さと同じだと思うのですが、どこかかわいらしさ、少女っぽさが残っている人だと思いました」と役どころを説明。新垣さんが「凛子さんは、役柄上だけでなくて、女性として、とても憧れる存在です」と言うと、「鳥肌が立ちました! 今、素ですごく喜んじゃった」と菊地さんがすかさずコメント。新垣さんとの共演については「気持ちが、ありえないくらい美しい子なんです。本当にピュアな彼女を見て、“女性ってかわいらしくあるべきなんだ”といろいろと彼女から学ばせてもらいました」と語った。

TVCMや『ワルボロ』『恋空』などの映画出演で今最も注目度が高い若手女優・新垣結衣と、アカデミー賞ノミネート女優、菊地凛子が夢の共演を果たした『恋するマドリ』は、8月18日(土)より渋谷シネクイントほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top