ジェニファー・アニストン、旬の才能と組んでロマコメに主演

最新ニュース

TVドラマ「DIRT」のシーズン1の最終回、「Ita Missa Est」のワンシーン -(C) Splash/AFLO
  • TVドラマ「DIRT」のシーズン1の最終回、「Ita Missa Est」のワンシーン -(C) Splash/AFLO
ジェニファー・アニストンがスティーヴ・ザーンとロマンティック・コメディ『Management』(原題)で共演することが決まった。脚本家、スティーヴン・ベルバーの映画監督デビュー作で、脚本もベルバーが手がける。

アニストンは中小企業やモーテルを相手にチープなアート作品を売り歩くセールスウーマン役。彼女があるモーテルの従業員(ザーン)と軽い気持ちで一夜を共にしたところ、夢中になった彼が、彼女を追いかけて全米中を旅するというストーリー。

コミカルな役が多いザーンだが、最新作『Rescue Dawn』(原題)では、ベトナム戦争中に捕虜となった米兵を演じ、演技派としての評価を高めたばかり。ベルバーはジェイミー・フォックス主演の『The Power of Duff』(原題)など、話題作に関わる新進気鋭の脚本家。旬の2人とアニストンの組み合わせに期待したいところ。撮影は年内にスタートの見込み。



写真は、コートニー・コックス主演のTVドラマ「DIRT」の5月27日に放映されたファーストシーズンの最終回(エピソード13)、「Ita Missa Est」のワンシーン。「フレンズ」で共演し、プライベートでも仲の良いジェニファー・アニストンがゲストとして登場。ジェニファーは、タブロイド紙の編集者でレズビアンのティナ・ハロッドというキャラクターを演じた。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top