あなたの言葉が映画パンフレットに! 『ノートに眠った願いごと』投稿キャンペーン

最新ニュース

『ノートに眠った願いごと』 -(C) 2006 AHNSWORLD ALLRIGHTS RESERVED
  • 『ノートに眠った願いごと』 -(C) 2006 AHNSWORLD ALLRIGHTS RESERVED
10年前に亡くした最愛の女性から届いた贈り物。それは彼女が楽しみにしてた、2人の新婚旅行のしおりだった——。昨年の釜山国際映画祭のオープニングを飾り、韓国で多くの涙をさそった切なくも美しいラブストーリー『ノートに眠った願いごと』。11月の日本公開に向けて結成された、本作の公式ファンクラブ「もみじ会」で、このたび本作の先行試写会が当たるユニークな投稿企画がスタートした。

物語は、1995年に韓国で実際に起きた百貨店の崩壊事件から始まる。結婚を目前に、その事件でフィアンセのミンジュを亡くして以来、生きる希望をすっかり失ってしまったヒョヌ。だが10年後、彼のもとに事故現場から奇跡的に発見されたミンジュ直筆のノートが届く。彼女がしたためていた新婚旅行の計画が綴られたそのノートを手に、ヒョンヌはひとり、旅に出る…。主人公・ヒョンヌに扮するのは、その穏やかなルックスとは裏腹に、冷たく残忍な男に扮した『オールドボーイ』で一躍脚光を浴びたユ・ジテ。本作で、一途な愛を貫き通す男を演じ、新たな一面を見せつける。

今回、立ち上げられた「もみじ会」とは、一般の人々によって宣伝活動をサポートしていくファンクラブ。本作の邦題『ノートに眠った願いごと』も、一般の人々による109もの応募の中から選ばれたタイトルだ。これに続く第2弾の企画として、本作に関する情報交換の場である「もみじ会SNS」では、劇中のエピソードになぞらえて“あなたの大切な人へのノートに遺したいこと”と題した投稿を募集中。寄せられたコメントは全て、ニックネームと内容が劇場で販売予定の映画パンフレットに掲載される。さらに、8月19日(日)までに投稿した人の中からは、抽選で50組100名様が29日(水)に行われる本作の先行試写会に招待される。

邦題募集、投稿企画のほかにも、オリジナル韓国ツアーの開催やイベント実施と、本作公開に向けて今後も続々と盛り上がりを見せていく「もみじ会」の活動。映画史に自分の言葉が刻めるこの機会に、ぜひあなたの想いを伝えてみては? 一冊のノートをめぐって極上の愛の物語が綴られる『ノートに眠った願いごと』は11月、シネマート新宿ほか全国にて順次公開。

<もみじ会Webサイト>
http://mo-mi-ji.com/

<投稿キャンペーンの詳細>
http://mo-mi-ji.com/news/20070810.html
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top