ウィル・フェレルと共演の権利、4万7,100ドルで落札!

最新ニュース

今年の3月に行われた『ブレイズ・オブ・グローリー』(原題)のプレミアでのジョン・ヘダとウィル・フェレル(右) -(C) Getty Images/AFLO
  • 今年の3月に行われた『ブレイズ・オブ・グローリー』(原題)のプレミアでのジョン・ヘダとウィル・フェレル(右) -(C) Getty Images/AFLO
『主人公は僕だった』のウィル・フェレルが、次回出演作で彼と共演できる権利をインターネットのチャリティ・オークションにかけていたが、9月26日に4万7100ドルで落札された。

アメリカではジャック・ブラックやベン・スティラーらと並ぶ人気者のフェレルは、親友が立ち上げた基金Cancer for Collegeへの寄付を目的にオークション・サイトのeBayに次回作のコメディ『Step Brothers』(原題)のエキストラ出演権を出品。最低落札額5,000ドルからスタートし、テキサス在住の男性が10歳の息子のために落札した。

Cancer for Collegeは過去または現在にガンを患う学生のための奨学金基金。1993年に設立され、これまで76人に奨学金を与えている。フェレルは「たくさんの入札とみなさんの優しさに感動しました。これで、大学進学を夢見るたくさんの若者を援助できます」と喜びを語った。落札者との共演は今月中に実現する予定。



写真は今年の3月に行われた『ブレイズ・オブ・グローリー』(原題)のL.A.プレミアでのウィル・フェレル(右)。日本ではまだ知名度が低く、出演作があまり公開されていないフェレルだが、アメリカでは大人気のコメディ俳優。

© Getty Images/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top