コッポラ監督、新作脚本の入ったPCが強奪の被害に

最新ニュース

ブエノスアイレスでPCを盗まれてしまったコッポラ監督 -(C)AFLO
  • ブエノスアイレスでPCを盗まれてしまったコッポラ監督 -(C)AFLO
来る10月26日、10年ぶりの新作『Youth Without Youth』(原題)がついにローマでワールド・プレミア上映される巨匠、フランシス・フォード・コッポラ監督がアルゼンチンに構える自宅兼事務所に9月28日に強盗が入り、次回作の脚本のデータが入っているパソコンなどを奪って逃走した。

現場となった事務所はアルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにあり、事件当時コッポラは不在だった。しかし、居合わせた男性スタッフによれば強盗は5人組。ビデオカメラとパソコン3台が盗まれたが、そこには来年2月から撮影開始予定の新作『Tetro』(原題)の脚本、家族写真やこれまで書きためたものなど、15年分のデータが収められている。

幸い脚本のコピーは別の場所に保管してあったが、コッポラはコンピュータのバックアップ・データだけでも返却してもらいたいと声明を発表している。『Tetro』はブエノスアイレスに移民したイタリア人の芸術家一家の物語で、マット・ディロンが出演する予定。



© AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top