アメリカの芸能誌売り上げに最も貢献したのはジェニファー・アニストン

最新ニュース

新作の『He's Just Not That Into You』を撮影中のジェニファー -(C) Splash/AFLO
  • 新作の『He's Just Not That Into You』を撮影中のジェニファー -(C) Splash/AFLO
現在、ボルチモアを舞台にしたロマンティック・コメディ『He's Just Not That Into You』(原題)を撮影中のジェニファー・アニストンが、芸能誌の売り上げに最も貢献したカバーガールに選ばれた。

これはForbes.comが今年1月から6月に販売された芸能週刊誌6誌(People、 Us Weekly、In Touch Weekly、Life & Style、OK! 、Star)の表紙に登場したスター別に、その販売部数を各雑誌の平均的販売部数と比較し、読者へのアピール度を加味した上で決定したもの。

ちなみに2位は前夫のブラッド・ピット。以下は『He's Just Not That Into You』で共演するスカーレット・ヨハンソン、アンジェリーナ・ジョリー、リース・ウィザースプーン、ケイティ・ホームズと続く。最近オーランド・ブルームとの恋の噂も出ているジェニファー、2007年下半期も各誌の売り上げに貢献しそうだ。



写真は9月19日、『He's Just Not The Into You』を撮影中のジェニファー。共演はベン・アフレック。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top