カンニング竹山が恋する天使に!? 『キサラギ』監督最新作で映画初主演

最新ニュース

『守護天使』の撮影風景 佐藤祐市監督&カンニング竹山
  • 『守護天使』の撮影風景 佐藤祐市監督&カンニング竹山
またもお笑い界から映画スター誕生か? 巧みな演出力でサスペンス・コメディ『キサラギ』をロングランヒットに導き、数々の国内賞を手にした佐藤祐市監督の最新作『守護天使』が来年公開となる。本作の主演に、お笑いタレントのカンニング竹山が抜擢! 5月12日(月)、約1か月半にわたる撮影が終わり、無事クランクアップした。

今回、竹山さんが演じるのはサエない中年サラリーマン・啓一。女房の尻に敷かれっぱなしの彼だが、ある日通勤途中で見かけた清楚な女子高校生に一目ぼれしてしまう。世にはびこる悪から彼女を守るため、啓一は一心不乱に町を駆け抜けるのだが…。

原作は、宝島社・宝島ワンダーネットとエイベックス・エンタテインメントが主催する、恋愛小説を対象とした、公募型新人文学賞「日本ラブストーリー大賞」の第2回大賞を受賞した同名小説。第一回受賞作「カフーを待ちわびて」に続く映画化にあたって、竹山さん筆頭に、佐々木蔵之介、寺島しのぶ、大杉漣などの豪華キャストが集まった。原作者の上村佑は、この配役に「原作の啓一にぴったりのイメージです。そのほかのキャストについても完璧だと思いました」とコメント。上村さんは『キサラギ』のファンだそうで、「撮影現場を見学させていただいたことで(映画化の)現実感が出てきて、すごい感動してます」と大きな期待を寄せている。

キレキャラから一転、正義のヒーローに変身した竹山さんの活躍に期待が集まるばかり。爆笑ハートフル・ラブコメディ『守護天使』は2009年、全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top