腹筋ムキムキの“父”ブレンダン・フレイザー、上地雄輔に「しっかり仕事しろ!」

最新ニュース

『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』ジャパンプレミア。左から上地雄輔、イザベラ・リョン、ブレンダン・フレイザー、ミシェル・ヨー。
  • 『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』ジャパンプレミア。左から上地雄輔、イザベラ・リョン、ブレンダン・フレイザー、ミシェル・ヨー。
世界一ミイラにモテる男、リック・オコーネルが日本にやって来た! 大人気アクション・アドベンチャー『ハムナプトラ』シリーズの7年ぶりとなる最新作『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』を携えて、主演のブレンダン・フレイザーにミシェル・ヨー、イザベラ・リョンが来日を果たした。8月4日(月)、この3人に加えて本作の日本語吹き替え版でリックの息子・アレックスの声を演じた上地雄輔も出席して、ジャパンプレミアが開催され、会場は大きな盛り上がりを見せた。

ブレンダンらが壇上に登場すると、満員の客席から拍手と大歓声がわき起こり、彼らの挨拶の声がかき消されるほど。この熱い出迎えにブレンダンは大興奮。「いまの気持ちかい? AMAZING!!(=素晴らしいよ!)」と絶叫し、続いて今回の第3作製作に至る経緯について「7年前の第2作から『早く次のシリーズのオファーが来ないか!!』と待って待って待ち続けたよ。そしたらついに電話が掛かってきたんだ。中国が舞台だと聞いて『何で?』って尋ねたら、(プロデューサーが)『兵馬俑をミイラにする』って言うんだ。『じゃあやるよ!!』って答えたよ」とまくし立てた。

永遠の生命を手に入れんと目論む皇帝と対決する美しき呪術師、ツイ・ユアンに扮したミシェルは流暢な日本語で「みなさん、こんばんは。東京に来れて嬉しいです。ありがとう!」と挨拶。さらに本作の見どころについて「ブレンダンが素晴らしい肉体を披露しています。腹筋が6つに割れていますので、ぜひ注目してください」と語った。ミシェルのこの言葉にブレンダンも自信満々で「その通り(笑)!」とニヤリ。

イザベラが演じたのは、上地さんが声を担当したアレックスとの恋のゆくえも気になる中国人の美少女・リン。“和製”アレックスの上地さんと対面しての感想を尋ねられると「初めてお会いしましたが、とっても面白い方ですね」と笑顔でコメント。これに上地さんは、何とか英語で答えを返そうとするも、イザベラの笑顔にメロメロになって言葉が出ないのか「ア…アイ…」と口ごもり「今日のために探検隊っぽい服で来ましたが、場違いですみません。僕もドレスアップして来ればよかったと猛烈に反省しています」とちょっぴりヘコみ気味の様子。だが、イザベラは優しく「とても素敵ですよ」とフォロー。さらに撮影について「こんなに豪華な共演陣と一緒にお仕事が出来て光栄でした」とふり返った。

ちなみに、上地さんは控え室でブレンダンと対面したとき、ブレンダンに思わず「マイ・ファーザー!」と呼びかけたとか。壇上で改めてブレンダンに、“息子”に対してコメントを求めると「しっかり仕事しろよ!」と厳しくも愛情あふれる(?)父の言葉が。これには会場からは大きな笑いがわき起こった。

『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』は8月16日(土)より日劇1ほか全国にて公開。8月9日(土)、10日(日)には先行上映が行われることも決定している。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top