世界の映画館vol.22 「ブエノスアイレスの人々は映画より演劇がお好き?」

最新ニュース

ブエノスアイレスでは映画より演劇が人気? photo:Ishiko
  • ブエノスアイレスでは映画より演劇が人気? photo:Ishiko
この街は映画館の数より劇場の数の方が多いのかもしれない。ヨーロッパの移民で造られたブエノスアイレスの街は南米のパリと呼ばれ、演劇、ショー、タンゴに大道芸とエンターテイメントが充実している。しかし、映画館だけは、なかなか出会えなかった。もちろん地元在住の方に聞いて行けば簡単なのだろう。ただ、散歩しながら、偶然、出会った映画館に入ることを信条としている僕としては、できる限り自力で見つけたい。そうやって意地を張っているうちに、この街の滞在も残り1日となってしまった。

仕方なく、現地在住のWEBデザイナーに映画館の場所を聞いた。彼女は映画館の場所が書かれている無料配布の地図を広げて教えてくれた。地図には映画館のアイコンが劇場と同じくらい街中に広がっている。少なくとも僕は、いくつかの映画館の前を通っているはずである。いったい僕は何を見ながら散歩してきたのだろう。

ブエノスアイレス最終日、その地図を持って散歩する。あっ? これ映画館だったんだ。確かに前は通っていたが、すでに閉鎖され、廃墟ビルになっていたので気がつかなかったのである。この街の古い映画館は減っているのかもしれない。こうして歩いているうちに彼女オススメの映画館にたどり着いた。決して新しくはないが、繁華街の中にある大きなシネコンである。実は、この映画館の手前のスポーツジムまでは来ていたのだが、全然、気がつかなかった。普通は、そこまで来ていたら映画館に気づきそうなものなのだが、出会いとはそんなものである。しかも、この映画館は周囲の派手な建物に比べると、どこか地味なのである。

いま、写真を見ると、決してほかの国の映画館とそんなに変わりはしないなのだが、この街のオペラや演劇の劇場が恐ろしく派手なので映画館がどうしても地味に見えてしまうのだろう。そんな地味に見える建物とは裏腹に、『インクレディブル・ハルク』が上映されている500名程度の会場は8割近く埋まり、エンディングロールでは拍手まで起きる程の活気があった。

(text/photo:ishiko
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top