米人気コメディアン、50歳の早過ぎる死

最新ニュース

昨年6月の『オーシャンズ13』のプレミアに出席した際のマック。  -(C) TSUNI/Gamma/Eyedea/AFLO
  • 昨年6月の『オーシャンズ13』のプレミアに出席した際のマック。  -(C) TSUNI/Gamma/Eyedea/AFLO
『オーシャンズ』シリーズ3作や『トランスフォーマー』に出演していたシカゴ出身の人気コメディアン、バーニー・マックが肺炎の合併症で亡くなった。享年50。

数日前から肺炎のため、シカゴの病院に入院していたが、マックのスポークスマンは「治療にもよく反応しており、もうすぐ退院できるはず」とコメントを発表したばかりだった。

実はマックは3年前に、全身の臓器に類上皮細胞肉芽腫が発生する、原因不明の難病サルコイドーシスと闘病中であることを発表。『オーシャンズ12』撮影後に入院し、FOXテレビで6年間ホストを務めていた「ザ・バーニー・マック・ショー」の撮影を延期したこともあるが、このときも肺炎にかかり、免疫が弱くなってサルコイドーシスの症状が悪化したという。マック側は、2005年以降、寛解(完全に治癒したわけではないが、臨床的に問題ない程度にまで好転した状態)していて、今回の肺炎はサルコイドーシスとは関係ないと発表していたのだが。

『チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル』や、名作『招かれざる客』を現代の物語としてリメイクした『ゲス・フー/招かれざる恋人』など、エンターテイメント映画の助演男優として得難いキャラだったバーニー・マック。早過ぎる死に冥福を祈るばかりだ。



写真は昨年6月にL.A.のチャイニーズ・シアターで行われた『オーシャンズ13』のプレミアの際のマック。

© TSUNI/Gamma/Eyedea/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top