L.A.より北京オリンピック雑感とマイケル・フェルプスの今後

最新ニュース

夏もそろそろ終わりに近づいていますね。寂しいかぎりです。そして、2008年のオリンピックも先日終わってしまいましたね。みなさんは、今年の北京で起こったいろんなドラマを楽しみましたか? 私はビーチバレーが印象に残っています。しかも、アメリカ女子が金メダルを獲った試合は面白かったですよ! ハリウッド・レポーターによれば、2008年の北京オリンピックは全米放映されたイベントの中で、過去最高の視聴率だったそうです。ある雑誌によれば、16日間のオリンピックを視聴したのは2億人に上ったそうです。これはそれまでの最高視聴率だった1996年のアトランタオリンピックよりも2万人多いんですよ。これにはマイケル・フェルプスの人気が大きく貢献していることでしょうね! 2012年のロンドンオリンピックでは、さらに記録が更新されるかもしれませんよ。

先日、マイケル・フェルプスは2012年のオリンピックでは、本大会と同じカテゴリーはもちろん、今回出場しなかったカテゴリにも挑戦すると発言したことが報道されました。フェルプス曰く、それまでトレーニングで忙しく、挑戦したかったほかのカテゴリに参戦出来なかったとのこと。ロンドンでは背泳ぎ、または100m自由形にも出場したいそうですよ。でも23歳という年齢を考えると、それが最後のオリンピックになるのではないかとコメントしています。「30を過ぎてもやろうとは思わない」。ちなみに、彼がいま最も会いたいと思っているスーパースターは、タイガー・ウッズとマイケル・ジョーダンなんですって。

この2週間、素晴らしいドラマやエンターテイメントを提供してくれた中国と北京に感謝すべきですね。この北京オリンピックが無事に終わるかどうか危ぶんでいた人も多かったのではないかと思いますが、彼らは最後までやり遂げたのですから!

次回はラスベガスレポートをお届けしようと思っていますので、お楽しみに! 残り少ない夏を楽しんでくださいね!

《text:Lisle Wilkerson》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top