Cocco初のドキュメンタリーが公開決定、是枝裕和監督が素顔に迫る! 

最新ニュース

『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』 -(C) 2008「大丈夫であるように」製作委員会
  • 『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』 -(C) 2008「大丈夫であるように」製作委員会
1997年に大ヒットを記録した「強く儚い者たち」以降、聴く者の心に迫る歌声と独自のパフォーマンスで熱狂的なファンを多く集めてきたCocco。人気絶頂の2001年、突然、音楽活動を休止しながらも、故郷・沖縄での「ゴミゼロ大作戦」の開催やベストセラーとなった絵本の執筆など、ジャンルを超えた活躍で、様々なアーティストに多大なる影響を与えてきた彼女の軌跡をたどるドキュメンタリーが誕生! 監督は『誰も知らない』『歩いても 歩いても』の是枝裕和。『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』というタイトルを冠して、12月にシネマライズほかにて公開されることが決定した。

デビュー10年目の2007年。Coccoの元に、核再生処理施設のある青森県・六ケ所村に暮らす少女から手紙が届く。その一通の手紙をきっかけに、自分と同じ痛みを抱える人が多くいることを知ったCoccoは、日本中に自分の唄を届けるために全国ツアーを決意する。全国17か所、50日間にわたるこのライヴツアー、そしてCoccoの地元・沖縄での日常に、是枝監督は密着した。

「きっかけはライヴ・アースでジュゴンのことを語り、唄う、彼女の姿を見たことだった。僕の中で何かが震えた。何かしたい——素直にそう思った。だから、撮らせてもらうことにした。泣きながらカメラを回したのは生まれて初めてだ。この感情を一人でも多くの人たちと共有できたらいいなあと、今、強く思っている」という監督のメッセージが込められている本作。類稀なる2人の才能の出会いにより、また新たな感動がスクリーンを通じて伝えられる。

Coccoの旅の先に見えるものとは? 『大丈夫であるように −Cocco 終らない旅−』は12月、シネマライズ、ライズXほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top