西島秀俊、加瀬亮との演技合戦を「何が起こるかわからない緊張感が楽しかった」

最新ニュース

『東南角部屋二階の女』初日舞台挨拶。前列左から池田千尋監督、香川京子、竹花梓、後列左より大谷英子、加瀬亮、西島秀俊、塩見三省。
  • 『東南角部屋二階の女』初日舞台挨拶。前列左から池田千尋監督、香川京子、竹花梓、後列左より大谷英子、加瀬亮、西島秀俊、塩見三省。
  • 『東南角部屋二階の女』初日舞台挨拶にて 西島秀俊。
  • 『東南角部屋二階の女』初日舞台挨拶にて 加瀬亮。
それぞれにサエない悩みを抱えて、古ぼけたアパートに転がり込んだ3人の男女。夢も希望もなくした彼らが、人生の先輩との出会いやアパートでの発見を通じて、再び自分の人生を見つけるまでのドラマを描いた『東南角部屋二階の女』が9月20日(土)に公開初日を迎えた。主演の西島秀俊をはじめ加瀬亮、竹花梓、大谷英子、香川京子、塩見三省、そして池田千尋監督が舞台挨拶に立った。

死んだ父親の借金を背負い、返済のために祖父の持つこのアパートを売却することを企む野上を演じた西島さん。現場の様子について「控え室でみんなでそろって食事をしたり、すごく仲の良い現場で楽しかったです。香川さんが黒澤明監督や溝口健二監督の現場の思い出などを語ってくださったりして、興奮しました。自分の撮影が終わっても『帰りたくない』と思うくらいでした」と語った。共に現在の邦画界で引っ張りだこの西島さんと加瀬さんの2人が共演することでも注目を集めているが、西島さんは加瀬さんについて「また共演したいとずっと思っていました。その場で起こっていることに対して豊かに感情を表現される役者さんなので、何が起こるかわからない緊張感があって楽しかったです」とコメント。加瀬さんも「面と向かっただけで、こんなにワクワクさせてくれる俳優さんはいません。またご一緒出来て嬉しかったです」と互いに刺激し合った様子をうかがわせた。

野上の見合い相手で、もうすぐ30歳の崖っぷち女・涼子を演じた竹花さんは、劇中のアパートでの共同生活について「いまどきなかなかないスタイルの共同生活で、人と人の距離が近くて良いなと思いました」と語った。

大谷さんは、加瀬さん扮する三崎の恋人・アヤ役でスクリーンデビューを飾ったが「現場では緊張していて楽しむ余裕は全くなかったです。完成した作品を初めて観たときに、この作品の一員になったということを実感し、同時に素敵な映画だなと感じました」と舞台上でも少し緊張気味の様子で挨拶した。

アパートのそばで小料理屋を営む藤子に扮した香川さんは「これまであまりお付き合いのなかった、若い俳優さんとご一緒出来て嬉しかったです。監督もお若いんですが、現場では明確な指示を与えてくださりありがたかったです」と出演の喜びを語ると共に若き才能を褒め称えた。

加瀬さん曰く、自身が演じた三崎は「あまり頭の良くない男」。本作への出演を決めた理由を聞かれ「常にいろんな役柄を演じたいとは思ってるんですが、最近規模の大きな作品への出演が続き、自分の中で役に偏りを感じていました。そんなときにこの素敵な作品の脚本をいただいたんです」と説明。さらに「これだけ純粋に映画に向かい合って映画を作ったのは久しぶりでした。変な(笑)…不思議な時間が流れてる映画になっています」と作品をアピールした。

藤子の店の常連客で畳屋のロクを演じた塩見さんは「『この人と一緒に仕事したいな』と思っていた方々とご一緒することが出来て幸せでした。西島さんと加瀬さんは、僕をちゃんとしたおじさんとして見てくれるんですよ(笑)」としみじみと嬉しそうに語った。

本作が長編映画デビュー作となった池田監督は「素晴らしいスタッフ、魅力的な役者さんに支えられて幸せな時間過ごせました。観終わって、映画がみなさんの日常に入っていくような作品になっていれば嬉しいです」と満面の笑みで会場に向けて語りかけた。

『東南角部屋二階の女』は渋谷ユーロスペースにて公開中。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top