平均年齢70歳! 若さあふれる“乙女たち”によるファッションショーに拍手喝采

最新ニュース

『マルタのやさしい刺繍』公開記念ファッションショー
  • 『マルタのやさしい刺繍』公開記念ファッションショー
80歳の未亡人・マルタが若かりし頃に抱いた夢。それは、自分でデザインした刺繍で作ったランジェリーのお店を開くこと——。夢に向かって再出発を遂げる“遅咲きの乙女たち”の奮闘を描いた応援ムービー『マルタのやさしい刺繍』が10月18日(土)より公開される。これを記念して、本作の原題のドイツ語「Die Herbstzeitlosen(=コルチカム)」が花の名前であることから、花を刺繍したストールを全国の60歳以上の高齢者より大募集。9月22日(月)、その集大成として、平均年齢70歳のおばあちゃんモデル「いよよ華やぐ倶楽部」を迎えて、ファッションショー付き試写会が行われ、色とりどりのストールが披露された。

1999年より生活共同組合・東京高齢協から結成された「いよよ華やぐ倶楽部」では、「おしゃれで元気に」をモットーに、自作のリメイク服や私服の着こなしを提案、自分がモデルとなってファッションショーで紹介している。歳を重ねるごとにますます輝きを増す彼女たちは、まさに“日本のマルタたち”! この日、モデルを務めた彼女たちによるファッションショーが幕を開けると、会場からは盛大な拍手がわき起こった。パワフルなパフォーマンスを披露してくれた彼女たちの中で最高齢の守田美津子さんはなんと86歳。年齢など全く感じさせない、その愛らしい佇まいに、会場からは温かい拍手が贈られた。また、応募総数46枚のストールの中から、刺繍家の大塚あや子氏を始めとする審査員によりベストストールが選ばれたが、その票を最も多く集めたのは、「私の好きな花」という名のストールを手がけた海谷孝子さん。大塚審査委員長より「手作りの温かいものを作る機会を与えてくださって、嬉しく思います」とのコメントが授けられた。

ちなみに、「コルチカム」の花言葉には“悔いなき青春”という意味も。人生を楽しく生きるヒントがぎゅぎゅっと詰まった『マルタのやさしい刺繍』は10月18日(土)よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top