安めぐみ「うちの父はエリック・バナと真逆」 将来の夫を手玉に取るため料理勉強中!

最新ニュース

『ディア マイ ファーザー』試写会のトークショーに登場した安めぐみ。
  • 『ディア マイ ファーザー』試写会のトークショーに登場した安めぐみ。
『ミュンヘン』、『ブーリン家の姉妹』のエリック・バナを主演に迎え、広大なオーストラリアの自然の中で苦難に立ち向かい、絆を深めていく父と息子の姿を描いた『ディア マイ ファーザー』。本作のDVDが11月21日(金)より発売されるが、これに先駆けて11月18日(火)に本作の試写会が開催され、上映前にタレントで女優の安めぐみによるトークショーが行われた。

安さんは本作について「エリック・バナ演じる父親のひたむきで一生懸命な姿に胸を打たれました。息子の表情もすごく良かったです。いろんなことがあるけれど、それでも両親のことが大好きな息子の、親を見つめるまなざしが印象的でした。いろんな思いや葛藤が伝わってきて『お父さんて大変だな』とか『親子はやはり絆で結ばれてるものなんだな』と考えさせられました」と感想を語った。

では安さんのお父さんは? と尋ねてみると「うちの父は映画に出てくる父親とは真逆です(笑)。よくお酒を飲んで、寒いギャグを言ったり、腹踊りしたり…昼間は真面目でかっこいいんですが」と苦笑気味。それでも安さんはお父さんととても仲が良く、時々2人で飲みに行くこともあるとか。「飲みに行くと、たいてい私が聞き役で父の仕事の愚痴や母のことについて相談を受けたりしています」と劇中の親子に負けない強い絆を感じさせた。

映画でフランカ・ポテンテが扮した、自由奔放な妻の存在に触れ「どんな奥さんになりたいか?」という質問も飛び出したが、安さんは「後ろから夫を支えつつも、しっかりとつかまえている奥さんですね。手のひらで転がすような(笑)」と、したたかな妻を目指しつつ「毎日家に帰ってきてもらえるように料理を勉強中です!」と健気な一面も。

最後に観客に向けて「劇中で時間がゆっくりと進む中で、子供の頃の思い出や家族の姿が思い浮かんでくると思います。登場人物の感情がスクリーンを通して伝わってきて胸が苦しくなることもありますが、最後にはじんわりと心が温かくなる作品です」とアピールし、トークショーは幕を閉じた。

『ディア マイ ファーザー』DVDは11月21日(金)よりリリースされる。

『ディア マイ ファーザー』DVD
発売元:CKエンタテインメント
販売元:バップ
価格:5,040円(税込)
発売日:11月21日(金)
※レンタルも同時スタート

「100%DVD」特集
http://www.cinemacafe.net/100dvd/dmf/
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top