ジョージ・クルーニーほか、大物スターたちがSAGストライキ回避の意思表明

最新ニュース

ロンドンでチャリティ・パーティを開いたジョージ・クルーニー。 -(C) Splash/AFLO
  • ロンドンでチャリティ・パーティを開いたジョージ・クルーニー。 -(C) Splash/AFLO
米映画俳優組合(SAG)の執行部は、ストライキ決議への準備を進めていたが、オスカー俳優をはじめとする多くのハリウッドスターたちが15日、ストライキ決議の投票に反対の意思を表明した。

ジョージ・クルーニーやマット・デイモン、トム・ハンクスなどのAリストのスターたちを含む130人以上の俳優たちは15日、SAGのアラン・ローゼンバーグ会長や組合幹部たちがインターネット上で回覧した投票反対動議の書簡に署名した。

インターネット配信の台頭で、待遇改善を巡って12万人のSAG会員と主な製作スタジオ側の対立が続いており、来年1月からスト決議の投票用紙が配布予定だが、ジョージたちは「SAGがストを決行すれば、会員の俳優たちの経済状態はさらに悪化する」として、今後3年間は監督協会(DGA)、脚本家協会(WGA)との協調を訴えている。

ストライキ決議の投票用紙の配布は来年1月2日から行われる。この書簡には上記3人のほかに、アレック・ボールドウィン、スティーヴ・カレル、ビリー・クリスタル、キャメロン・ディアス、サリー・フィールド、モーガン・フリーマン、ヘレン・ハント、ダイアン・レイン、ヘレン・ミレン、ケヴィン・スペイシー、シャーリーズ・セロンらが、パティ・デューク、メリッサ・ギルバート、ウィリアム・シャラートら歴代のSAG会長と共に名を連ねている。

ちなみに執行部は「賛成派」の会員31人を発表。メル・ギブソンやエド・ハリス、ハル・ホルブルック、ホリー・ハンター、マーティン・シーンといったスターたち、ジャスティン・ベイトマン、エリオット・グールド、ダイアン・ラッド、ケント・マッコードら、渋い脇役たちが勢揃いしている。



今月5日にロンドンで、チャリティ目的のプライベート・パーティを開いたジョージ。ちなみにこちらのパーティには、マット・デイモン夫妻やU2のボノ、ガイ・リッチーらも出席した。

© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top