ハドソン川の奇跡に大興奮! ポール・ベタニー夫妻がN.Y.で新作プレミアに出席

最新ニュース

『Inkheart』(原題)のN.Y.プレミアに出席したポール・ベタニーとジェニファー・コネリー夫妻 -(C) Splash/AFLO
  • 『Inkheart』(原題)のN.Y.プレミアに出席したポール・ベタニーとジェニファー・コネリー夫妻 -(C) Splash/AFLO
15日、ニューヨークのAMCロウズ・リンカーン・スクウェアで、ブレンダン・フレイザー、ポール・ベタニーらが出演するファンタジー映画『Inkheart』(原題)のプレミアが行われ、監督のイアン・ソフトリー以下、フレイザーやベタニー、アンディ・サーキス、シエンナ・ギロリー、ラフィ・ガヴロンら出演者が出席した。

本の登場人物が現実社会に姿を現すという子供向けのファンタジックなストーリーのこの作品、実は1年前にはすでに完成していたが、折からの脚本家組合のストライキの煽りを受けてプロモーション不足になるのを避け、公開が1年近く先送りになっていただけに、当日の関係者は一様に安堵の表情を浮かべていた。

さらに、この日はニューヨーク市内のハドソン川にUSエアウェイズ機が不時着、乗客乗員全員が奇跡的に救出されるという大事件が起きていた。プレミア会場に夫人のジェニファー・コネリーを伴って出席したベタニーは、「The New York Observer」紙電子版の取材に応え、「TVのニュースで一報を知ったとき、このプレミアのことが頭から飛んでしまったよ。何が起きたのか、全員救助されたかどうか知ろうと、TVにかじりついていた。全員無事だったなんて信じられないよ。これこそ本当にすごい話だ」と興奮気味に語っていた。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top