ディズニーランドに続き今夏、モンスターブームが襲来? ジャック・バウアーも太鼓判

最新ニュース

『モンスターVSエイリアン』 -Monsters vs. Aliens (C) 2008 DreamWorks Animation L.L.C.
  • 『モンスターVSエイリアン』 -Monsters vs. Aliens (C) 2008 DreamWorks Animation L.L.C.
最近、巷をにぎわせている“モンスター”と言えば、4月15日(水)より東京ディズニーランドにオープンした新アトラクション「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」に登場するサリー&マイク。ディズニー/ピクサー製作でヒットを記録したアニメーション・ムービー『モンスターズ・インク』を基に、かくれんぼしているモンスターたちを懐中電灯で探し出すという乗り物型のアトラクションで、初日は最大で5時間半待ちの長蛇の列が出来たとか。そんな中、アメリカでは別のモンスターたちが躍動! ディズニーのライバル、ドリームワークスが贈る3Dアニメーション『モンスターVSエイリアン』が3月末の公開から1か月弱で、1億6,000万ドル(約158億円)を超える興行収入を叩き出し、実写映画を含めて本年度No.1ヒットを記録し、いまなお記録を伸ばしている。

本作は、ドリームワークス・アニメーションが手がける本格的な3Dアニメーションの第1作。ドリームワークス創設者で名物プロデューサーのジェフリー・カッツェンバーグが、1,500万ドル(約15億円)を投じており、3D上映館は1,550館に及び、全米3D映画史上最大規模で公開されている。ちなみに全米では、スライム状の水色のモンスター、ボブ(写真左)が人気を集めているとか。

自らの結婚式の日に隕石にぶつかり、なぜか15メートルに巨大化を遂げてモンスター扱いされたツイてないヒロイン“スーザン”が、ほかのモンスターたちと共に、地球に襲来したエイリアンとの戦いに駆り出される、という物語で、リース・ウィザースプーンやヒュー・ローリーなどが声優として参加している。地球軍の将軍の声を演じた『24 TWENTY FOUR』でおなじみキーファー・サザーランドは本作の3D技術について「凄い! と思ったのは一番最初のシーンだね。隕石が地球に落下するシーンが見えたんだ。ゆっくりと右肩の上に、続いて左肩の上に、そして頭上、さらには足元に来る。僕は42歳なんだけど、映画館の中で肩越しにスクリーンを見ていたね。『どこから来たんだ、この隕石は?』とね」とその迫力の凄まじさについてコメントしている。

子供だけでなく、大人をも楽しませると高い評価を得ている3Dムービー。ディズニーランドの新アトラクションに続いて、映画館にもモンスター到来で、この夏、日本にモンスター旋風が吹き荒れる? 『モンスターVSエイリアン』は7月11日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top