ロバート・レッドフォード、72歳にしてケジメの再婚

最新ニュース

仲睦まじくジビレと共に街を歩くロバート・レッドフォード -(C) Splash/AFLO
  • 仲睦まじくジビレと共に街を歩くロバート・レッドフォード -(C) Splash/AFLO
60〜70年代、『明日に向って撃て』や『スティング』などに主演し、最もセクシーなハリウッド・スターの名を欲しいままにし、その後は監督としてオスカー受賞、サンダンス映画祭の主催と華々しい活躍をしてきたロバート・レッドフォードが72歳にして再婚したことが明らかになった。

お相手は10年以上前から交際していたドイツ人の画家、ジビレ・ツァガース。レッドフォードより20歳年下で、2人の交際は1996年から始まった。共に再婚である2人は11日、ジビレの故郷であるドイツ・ハンブルグの五つ星ホテルで挙式。家族や友人ら約30人が出席したという。

地元の新聞「ハンブルガー・アーベントブラット」紙によると、レッドフォードは白のスーツ、ジビレはシャンパン・カラーのドレス姿だったとのこと。1万ユーロの使用料を提示し、一面に掲載することも検討中だという。



© Splash/AFLO
《text:Yuki Tominaga》
今、あなたにオススメ
Recommended by
page top