ロカルノ映画祭に向けて好発進! 世界に日本の夏をアピールする『サマーウォーズ』

最新ニュース

『サマーウォーズ』初日舞台挨拶(左から)細田守監督、神木隆之介、桜庭ななみ、富司純子
  • 『サマーウォーズ』初日舞台挨拶(左から)細田守監督、神木隆之介、桜庭ななみ、富司純子
  • 『サマーウォーズ』 神木隆之介
  • 『サマーウォーズ』 桜庭ななみ
  • 夏休みは「ギター!」(神木さん)、「家族とスイカ割り」(桜庭さん)
  • 90歳の陣内家当主を演じた富司さん
  • 夏希と同じ白ワンピースで爽やかに登場
日本アカデミー賞を始め数々の賞を受賞した『時をかける少女』の細田守監督が、3年の構想期間を経て、日本の夏の物語を描いたファミリー・アニメ『サマーウォーズ』。8月1日(土)、本作が公開初日を迎え、細田監督はじめ、声優を務めた神木隆之介、桜庭ななみ、富司純子が初回上映後の舞台挨拶に登壇した。

盛大な拍手で迎えられた細田監督は、「初日にみなさんに来ていただいて感無量です。3年間ずっと、この映画のためだけに頑張ってきて、みなさんと一緒に大切なものを共有できたという気持ちでいっぱいです。スタッフもキャストも、この映画の中の家族のように楽しく、笑顔を絶やさず作ることが出来ました」と挨拶し感謝を述べた。

主人公・健二役の神木さんは、これまでも数々のアニメで声優を務めてきたが、本作では新たな経験も。「いままでは基本的に1人で声を録ってましたが、今回は30人で一斉に同じシーンを録ったんですよ。食卓のシーンも一斉にみんなで録ったので、温かい空気が映画にリアルに入ってると思います」と楽しそうに収録の様子をふり返った。また、最近ではギターの練習にハマッているという神木さん。今年の夏は「自分を高められる夏になれたら。頑張ります!」と元気よく宣言した。

声優はベテランの神木さんに対して、今回が声優初挑戦となった富司さんは、90歳の当主を演じた。「動画の中に感情を入れるのがとても難しくて、みなさんお上手で自分だけ浮いてるのではと思ってすごく心配で。自分で観て反省してばっかり」と、物憂げに語ったが、監督は「富司さんと映画を一緒に作れるなんて、こんな幸せはないです」と嬉しそうに語った。

劇中の夏希と同じ白のワンピース姿で登場した桜庭さんは、「スタッフのみなさんがずっと制作に携わってきた中で、夏希の声をやらせていただいて本当に幸せです」と喜びのコメント。本作について「家族や故郷が懐かしく感じる作品でした。観終わった後、(故郷の)鹿児島に早く電話したくなりました」とふり返り、この夏は「鹿児島に帰って家族とバーベキューやスイカ割り、花火に行きたいと思います」と語った。

8月5日から、スイスで行われるロカルノ国際映画祭のコンペティション部門へ日本のアニメーション初選出作品として出品される本作。現地入りする細田監督に向けて、神木さん、富司さんからは「おめでとうございます。スイスで頑張ってきてください、頼みます!」(神木さん)、「自信をもって、日本の技術の高さをアピールしてほしいと思います」(富司さん)とのエール、桜庭さんからは「時差もあって大変だと思いますが、体には気をつけてください」と癒しのメッセージが贈られた。これを受け、細田監督は「日本の夏や家族たちの姿が世界中の人にどう受け止めてもらえるか、感想を聞きにいきたい」と意気込みのコメント、会場からの力強い拍手で送り出された。

『サマーウォーズ』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top